文字サイズ

立候補者アンケート

ご覧になりたい選挙区を選択し、立候補者の名前を選択してください。

長野5区

宮下 一郎さんのアンケート結果

質問1将来、原発をどうすべきだと思いますか
A.できるだけ早くゼロに B.30年代より早くゼロに
C.30年代にはゼロに D.減らしても残す
E.現状維持 F.現状より増やす
★.(該当なし)
回答 理由/自由回答
放射性廃棄物の処理方法などの技術研究の進展や再生エネルギーの普及状況を踏まえ、最適な道筋を早期に見出すことが政治の責任だ
質問2(原発から出る使用済み燃料を再処理して利用する)「核燃料サイクル」はどうしますか
A.継続する B.中止する
★.(該当なし)
回答 理由/自由回答
安全確認された原発を稼働し、再処理燃料の活用も検討するが、核燃料サイクルの見直しは必要。技術開発などにより対応も変化する
質問3消費増税法への態度は?
A.法に沿って実施 B.法を見直す
★.(該当なし)
回答 理由/自由回答
社会保障制度の安定のためには必要だが、その前提として増税できる経済状況を国民全体で作っていくことが大切
質問4日本が最も関係強化を図るべき国・地域は
A.米国 B.中国
C.韓国 D.ロシア
E.東南アジア・インド F.そのほか
★.(該当なし)
回答 理由/自由回答
一つに限定すべきでない。日米関係を基軸としつつも、安全保障や経済、政治理念など外交課題に応じて、関係強化すべき国・地域の優先度を判断するべきだ
質問5(米国の軍事行動に自衛隊が加わることを可能にする)集団的自衛権の行使への考えは
A.従来通り、認めない B.憲法を変えずに、認める
C.憲法を変えて、認める ★.(該当なし)
回答 理由/自由回答
安全保障基本法の整備の中で具体的事例に基づき集団的自衛権も議論する。その内容に対応し憲法改正の必要性の有無の判断が必要
質問6TPPへの考えは
A.賛成の方向 B.反対の方向
★.(該当なし)
回答 理由/自由回答
例外なき関税撤廃など党が反対する六項目が含まれており、交渉参加すべきではない
質問7今後の日本の税金と福祉の関係で近い考えは
A.税金上げても福祉充実 B.福祉充実させず税金安く
C.分からない ★.(該当なし)
回答 理由/自由回答
税金を上げただけでは今の福祉体系の維持は難しい。企業経営を安定させ一層の財源確保に取り組むとともに社会保障の見直しが必要
質問8社会格差が広がり貧困や失業が起きるのは
A.個人の責任 B.どちらかと言えば個人
C.どちらかと言えば社会 D.社会の責任
★.(該当なし)
回答 理由/自由回答
個人の集合体が社会であり表裏一体。どちらにも責任がある。倫理や道義などの価値観を重視する経済システムを構築することが重要
質問9今後の日本の方向として考えに近いのは
A.自由競争重視の社会 B.より平等重視の社会
C.分からない ★.(該当なし)
回答 理由/自由回答
前向きに頑張る人に機会が与えられる機会平等を重視し、道徳や道義に基づいて行動する個人や企業による共生社会を目指すべきだ
質問10座右の銘は
理由/自由回答
着眼大局着手小局。時間的、空間的に広く全体を把握した上で政策を打つ