トップ > 中日新聞しずおか > 静岡地域版 > 地域特集 > 県知事選2017 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

県知事選2017

両陣営、かく戦った 選挙戦振り返る

 新人と現職の争いとなった県知事選は24日、17日間の選挙戦を終えた。舌戦を繰り広げた2候補者は投票結果を待つのみ。両陣営の幹部にこれまでの選挙戦を振り返ってもらった。

◆勝利、手の届く感触 溝口氏陣営

 前沢侑・溝口紀子選対本部長 知事選告示後の決戦を迎え、溝口選対は県内自民党の溝口推薦支部と連携し、支援活動を展開してきた。このまま川勝県政が継続すれば、国との関係は改善されず静岡県の発展はさらに遅れる。溝口候補の勝利は手の届くところにきた。最後まで力を貸してください。

◆力強い訴えは健在 川勝氏陣営

 岡本護・川勝平太選対本部長 街頭での力強い訴えは八年前を思い起こさせた。“平太節”は健在です。街頭を中心に活動を展開したが、現職ゆえに公務との調整という高いハードルもあった。過密なスケジュールだったが、皆さんの力強い支えで乗り切ることができた。十分に政策は伝えられたと思う。

(知事選取材班)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

中日新聞しずおかの記事はこちら

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索