文字サイズ

立候補者アンケート

アンケートTop > 9県全体でみる > 質問別回答者と理由
質問62030年代に向け、原発と再生可能エネルギーの関係で望ましいのは?
回答D.原発ゼロ、再生可能エネルギー増やす
愛知1区 広沢 一郎(減・新)

原発はリスクが大きい。化石燃料などの効率的な運用で対応すべきだ
愛知1区 平山 良平(社・新)

効率の良い火力発電を主力にし、再生可能エネルギーを増やすことが現実的
愛知1区 大野 宙光(共・新)

ウランも数百年で枯渇。持続可能なエネルギーは再生可能エネルギー以外にない
愛知2区 黒田 二郎(共・新)

原発は命を奪う危険があるが、再生可能エネルギーは安全だから
愛知3区 増田 成美(減・新)

リスクがある以上、原発はなくすべきだ
愛知3区 石川 寿(共・新)

1年3カ月原発は動いていない。電気は足りている
愛知3区 近藤 昭一(民・比前)

原発に安全はない。欧州は再生可能エネルギーの普及で雇用も増えている
愛知4区 牧 義夫(維・元)

地元対策や放射性廃棄物の処理なども含めればコストが掛かるエネルギーだから
愛知4区 高橋 祐介(共・新)

1年3カ月間、稼働原発ゼロ。環境に優しく、省エネと併せれば安定供給は可能
愛知5区 藤井 博樹(共・新)

1年3カ月間、稼働原発ゼロ。省エネと合わせれば電力の安定供給は可能である
愛知5区 赤松 広隆(民・比前)

民主党の公約だから
愛知6区 柳沢 けさ美(共・新)

原発は不必要だと考えているから
愛知7区 山尾 志桜里(民・元)

使用済み核燃料の処理方法が見いだせない地震大国だという現実を見つめるべき
愛知7区 郷右近 修(共・新)

1年以上、原発ゼロでも間に合っている。節電も合わせれば安定供給が可能
愛知8区 伴野 豊(民・元)

「3・11」に起きたこと、福島の現状を鑑みると、すべての英知の結集が必要
愛知8区 長友 忠弘(共・新)

原発ゼロは実現可能。決断してこそ、再生可能エネルギーへ転換できる
愛知9区 渡辺 裕(共・新)

国が原発研究に使った膨大な金を、再生可能エネの研究に同様に使えばよい
愛知10区 板倉 正文(共・新)

安全で環境に優しい再生可能エネルギーに転換していく
愛知10区 江崎 鉄磨(自・前)

代替エネルギーの確保、開発により、将来は原発依存ゼロを目指すべきだ
愛知10区 杉本 和巳(無・比前)

再生可能エネルギーと高効率発電によりエネルギー確保・管理は可能
愛知10区 小林 弘子(民・新)

持続可能な社会を構築し、次世代に良い環境を残すため
愛知11区 古本 伸一郎(民・前)

夢の燃料電池車の市販化が可能に。目標を大きく科学技術の可能性にかけるべき
愛知11区 牧田 充生(共・新)

1年3カ月、原発は1基も稼働していない。省エネに取り組めば安定供給可能
愛知12区 牧野 次郎(共・新)

ドイツは再生可能エネルギーがすでに28%に達した。早急に導入促進を
愛知12区 重徳 和彦(維・比前)

使用済み核燃料の最終処分は見込めず、安定供給できる自然エネルギーを開発
愛知13区 宮地 勲(共・新)

安全性が高い風力や太陽光などのエネルギーを増やすべきだ
愛知14区 鈴木 克昌(民・比前)

愛知14区 袴田 富治(共・新)

稼働原発ゼロ状態ですでに1年3カ月。再生エネルギー政策で雇用も確保できる
愛知15区 串田 真吾(共・新)

原発ゼロの決断を下してこそ、再生可能エネルギーを増やす真剣な努力ができる
岐阜1区 大須賀 志津香(共・新)

福島の事故を考えれば原発はいらない。環境と共存できるエネルギーが必要
岐阜2区 森桜 房義(共・新)

原発は人類が制御できない。太陽光、小水力発電などを中心に転換を
岐阜3区 服部 頼義(共・新)

原発がなくてもやっていけることは証明済み。再生可能エネルギーへの転換を
岐阜4区 伊嶌 明博(共・新)

原発は人間の手に負えない。原発ゼロの方針をまず掲げることが必要
岐阜5区 鷹見 信義(共・新)

小水力や太陽光発電など、多様な方法を地域に合わせれば安定供給できるから
岐阜5区 阿知波 吉信(民・元)

電力の安定供給を実現する中で、原発ゼロに向けた計画を策定、実施すべきだ
三重1区 橋本 マサ子(共・新)

この1年以上、稼働している原発はゼロ。原発ゼロは可能だ
三重2区 中野 武史(共・新)

放射能が生活を脅かし、福島原発事故は未収束。原発と人類は共存できない
三重2区 中川 正春(民・前)

再生可能エネルギーに集中投資をして、2030年代までに原発ゼロ
三重3区 釜井 敏行(共・新)

原発をなくし、再生可能エネルギーに転換することが最も安全で現実的である
三重3区 岡田 克也(民・前)

原発事故の被害があまりに大きく、核廃棄物の最終処分の問題も未解決
三重4区 松木 豊年(共・新)

原発稼働ゼロでも電力は十分なのが立証された。再生可能エネルギーへ転換する
三重5区 内藤 弘一(共・新)

原発を造らせなかった三重5区の有権者の思いに応えていきたい
三重5区 藤田 大助(民・元)

国民の願いだから
静岡1区 河瀬 幸代(共・新)

原発ゼロを決断してこそ、再生可能エネルギーの爆発的な普及と開発が進むから
静岡1区 小池 政就(維・比前)

消費者に選択権を持たせることで達成される。かつ日本の成長戦略につながる
静岡1区 牧野 聖修(民・元)

事故の対策法も、使用済み燃料の最終処分法も定かではないから
静岡2区 四ツ谷 恵(共・新)

日本の技術力なら大きく開発の余地があり、新たな事業や雇用も生まれる
静岡3区 小山 展弘(民・元)

使用済み燃料を増やさないため可能な限り再生可能エネルギーなどにシフトする
静岡3区 松浦 敏夫(共・新)

再生可能エネルギーの拡大は雇用を創出し、より安全で豊かな社会になっていく
静岡4区 杉田 保雄(共・新)

害のない再生可能エネルギーにすることが安心安全な社会の土台となる
静岡4区 田村 謙治(民・元)

環境に優しいエネルギーの地産地消を進め、地域の中小企業の活性化を図る
静岡5区 細野 豪志(民・前)

原発事故を経験した日本だからこそ、グリーン成長国家を目指すべきだ
静岡5区 大庭 桃子(共・新)

事故に対処できない原発はやめ、再生可能エネルギーで安心安全な社会にする
静岡6区 佐藤 龍彦(共・新)

人類と原発は共存できない。再生可能エネルギーこそ安心安全な社会の土台
静岡6区 渡辺 周(民・前)

技術革新、成長戦略にもつながる
静岡7区 野沢 正司(共・新)

安全で外国に頼らず、小資本でも取り組みができるため
静岡7区 松本 泰高(民・新)

放射性廃棄物の処理さえ不完全なのに次の世代につけを回すべきでないから
静岡8区 源馬 謙太郎(維・新)

地熱などの新エネルギー源開発やLNGの直接輸入などの適正配分を進めたい
静岡8区 古橋 和大(無・新)

省エネや再生可能エネルギーの導入拡大などによる原発に依存しない社会の実現
静岡8区 落合 勝二(共・新)

ドイツは原発ゼロに向かっており、再生エネ利用も進む。日本も倣うべきだ
長野1区 武田 良介(共・新)

即時ゼロにし、廃炉措置が必要。長野では小水力発電が普及する潜在力もある
長野1区 篠原 孝(民・前)

日本に原発適地はない
長野2区 百瀬 智之(維・比前)

度重なる人為的ミスや多発する自然災害の脅威を鑑みると「絶対の安心」はない
長野2区 下条 みつ(民・元)

電力会社に補助金を払い、代替エネルギーに転換していくべきだ
長野2区 清沢 達也(共・新)

この1年以上すべての原発が停止している。国民合意で再生可能エネを増やす
長野3区 唐沢 千晶(共・新)

省エネの徹底と再生可能エネルギーの大幅導入で、原発ゼロへの道筋をつける
長野3区 寺島 義幸(民・前)

一日も早い原発ゼロ社会を目指し、課題を乗り越え再生可能エネの導入を図る
長野4区 上田 秀昭(共・新)

原発は危険で人類と共存できない。即時ゼロを決断し自然エネルギーを広げる
長野5区 水野 力夫(共・新)

原発は危険で人類と共存できない。即時ゼロを決断すべきだ
滋賀1区 川端 達夫(民・比前)

安心・安全、安定的なエネルギーを供給するため、あらゆる政策資源を投入
滋賀1区 佐藤 耕平(共・新)

原発ゼロの政治判断がされてこそ再生可能エネルギーを本格的に普及開発できる
滋賀2区 田島 一成(民・元)

再生可能エネルギーを拡大し、蓄電池などの省エネルギー技術を普及させる
滋賀2区 中川 睦子(共・新)

新たな雇用機会の創出が可能になるし、持続可能な社会ができる
滋賀2区 上野 賢一郎(自・前)

再生可能エネへの重点投資を進め、安定確保を可能にすることを目指すべきだ
滋賀3区 小川 泰江(民・新)

省エネや地産地消の分散型エネルギーも組み合わせあらゆる政策資源を投入する
滋賀3区 西川 仁(共・新)

国民の省エネ努力は原発13基分に相当。原発なしでも電力は足りている
滋賀4区 徳永 久志(民・新)

原発事故による被災者、被害者、避難者を、これ以上つくらない
滋賀4区 西沢 耕一(共・新)

この間の国民による省エネ努力は原発13基分。原発がなくても電力は足りている
滋賀4区 岩永 裕貴(維・比前)

併せて、日本近海のメタンハイドレートなどの独自エネルギーの開発を目指す
福井1区 金元 幸枝(共・新)

稼働原発ゼロの15カ月間で、国民の省エネ努力は原発13基分に相当している
福井2区 宇野 邦弘(共・新)

安全が最も大切。廃炉作業、自然エネルギーへの転換で新たな雇用も生まれる
石川1区 亀田 良典(共・新)

原発の40倍の潜在可能性を持つ自然エネルギーを活用し新しい産業と雇用を生む
石川2区 西村 祐士(共・新)

原発ゼロでも電力は足りていた。危険な原発は「ただちにゼロ」にすべきだ
石川3区 渡辺 裕子(共・新)

稼働原発ゼロが15カ月続いている。全原発廃炉が可能なことの証明である
富山1区 吉田 豊史(維・新)

電力消費量を抑えることが前提。試していない他の再生エネも試験すべきだ
富山1区 高橋 渡(共・新)

原発ゼロの日本は実現可能。ここに踏み切ってこそ、再生エネへの大転換が進む
富山2区 東 篤(社・新)

福島第一原発事故の原因解明も収束もないままの原発再稼働は認めない
富山2区 平崎 功(共・新)

原発をなくすとともに、地球温暖化対策のために石油や石炭の使用を減らす
富山3区 坂本 洋史(共・新)

原発は地震、火山国にあっては危険すぎる。核のごみ処理も未解決である