文字サイズ

立候補者アンケート

アンケートTop > 9県全体でみる > 質問別回答者と理由
質問5原発再稼働の是非を判断する地元同意で、同意を求めるべき「地元」の範囲をどう考えるか?
回答D.半径250キロ圏内
愛知1区 吉田 統彦(民・元)

早急に安価で安定的な再生可能エネルギーや安全な核融合発電を実現すべきだ
愛知3区 近藤 昭一(民・比前)

福島原発事故時、「最悪の想定」で被害が及ぶ可能性のあったエリアだから
愛知8区 伴野 豊(民・元)

政策はすべからく「最悪のシナリオ」で検討し対策を講じなければならない
愛知14区 鈴木 克昌(民・比前)

三重5区 藤田 大助(民・元)

再稼働に当たっては、できる限り広域的な合意形成が必要
静岡5区 吉川 赳(自・比前)

なるべく広く同意を得るべきで、電力の供給地域に近い合意を形成するべきだ
長野2区 百瀬 智之(維・比前)

国民生活に責任を負う立場からして「最悪のシナリオ」を想定するのは当然
長野2区 下条 みつ(民・元)

震災当時に現場へ行ったが誰も住めず、すさまじかった。自民党の責任だ
長野5区 中嶋 康介(民・新)

範囲については、被害が想定されうる最大限を条件とするのが望ましい
石川1区 田中 美絵子(民・元)

幅広く地元の皆さんの意見を伺うべきであると考える
富山3区 坂本 洋史(共・新)

再稼働には反対だが、稼働していなくても使用済み核燃料の危険があるので