文字サイズ

立候補者アンケート

アンケートTop > 9県全体でみる > 質問別回答者と理由
質問4TPP交渉へのスタンスは?
回答★.(選択肢空欄)
愛知1区 身玉山 宗三郎(次・新)

総合的に考え、日本に不利なら離脱、有利なら合意すべきだ
愛知1区 熊田 裕通(自・前)

合意を目指すべきだが、農業に限らず国内産業を犠牲にする交渉は避けるべきだ
愛知2区 東郷 哲也(自・比前)

特定の産業を犠牲にすることなく、国益を守りつつ合意を目指すべきだ
愛知2区 古川 元久(民・前)

合意は目指すべきだが、安易な譲歩はせず、粘り強く交渉を続けるべきだ
愛知4区 牧 義夫(維・元)

今すぐ離脱すべきだとは思わないが、農業分野に限らず問題が多い
愛知7区 鈴木 淳司(自・前)

国益にかなう経済連携システムを構築する中心的役割を果たすべきだ
愛知7区 山尾 志桜里(民・元)

密室で交渉が進んでいく国民の不安を払拭し、情報公開の上で合意を目指すべき
愛知8区 伊藤 忠彦(自・前)

最後まで日本の主張は貫くべきだが、早期決着を図る努力も重要
愛知10区 江崎 鉄磨(自・前)

守るべきは守り、攻めるべきは攻める。交渉の経過を見極めて判断する
愛知11区 八木 哲也(自・比前)

農業分野を含むあらゆる品目で国益を守っていくためにTPPは必要だ
愛知12区 青山 周平(自・前)

主要5項目を確実に守り、農業分野に痛みを伴わない合意を目指している
愛知15区 根本 幸典(自・前)

選択肢が見当たらない。わが国の国益を損なうことなく、合意を目指すべきだ
岐阜4区 今井 雅人(維・比前)

TPPに日本が参加することは賛成だが、痛みの程度によっては離脱も検討
岐阜5区 古屋 圭司(自・前)

交渉において、かねてより主張している重要5分野は譲歩すべきではない
三重2区 中川 正春(民・前)

合意を目指すべきだが、中身の情報開示がない現状では判断できない
静岡2区 松尾 勉(民・新)

交渉経過、内容とも不明で論評は不可能
静岡5区 細野 豪志(民・前)

グローバル化を否定し、閉鎖的な政策を選択することは長期的には難しい
静岡6区 勝俣 孝明(自・比前)

農業分野などの聖域は堅持し、粘り強い交渉をする
長野3区 木内 均(自・比前)

コメ、牛肉、豚肉、乳製品などの重要品目を守りながら交渉を継続すべきだ
長野5区 中嶋 康介(民・新)

現在の交渉状況を見ても、国民生活全般への影響はまだ判断しかねる段階
長野5区 宮下 一郎(自・前)

農業への配慮を含めた国会決議を尊重し、交渉している。回答が選択肢にない
滋賀4区 岩永 裕貴(維・比前)

食の安心、安全などの国益を守りながら、外需を取り込む自由貿易圏を拡大
福井1区 稲田 朋美(自・前)

重要5項目などを除外または再協議し、国益にかなう最善の道を追求する
石川1区 馳 浩(自・前)

国会決議を踏まえて合意を目指す。成長戦略の柱になるのは間違いない
石川1区 田中 美絵子(民・元)

まず国内のさまざまな分野においてセーフティーネットをおくべきである
石川3区 近藤 和也(民・元)

安倍政権の交渉の入り口が間違っている
富山2区 宮腰 光寛(自・前)

衆参両院で決議した5項目は絶対に守り交渉に臨むべきだ