文字サイズ

立候補者アンケート

アンケートTop > 9県全体でみる > 質問別回答者と理由
質問3安倍政権が閣議決定した集団的自衛権の行使容認への評価は?
回答B.支持しない
愛知1区 平山 良平(社・新)

日本と関係のない外国の戦争で一方に加担し、参戦することに正義はない
愛知1区 吉田 統彦(民・元)

国民に対する説明が不十分だ。想定が国際社会の常識からもかい離している
愛知1区 大野 宙光(共・新)

憲法の「平和主義」の大原則を、閣議決定のみで変えることは許されない
愛知2区 古川 元久(民・前)

本来、憲法改正という形で国民投票に付すべきだ
愛知2区 黒田 二郎(共・新)

憲法9条に反する。歴代自民党政権の下でも、できないとしてきたはず
愛知3区 石川 寿(共・新)

海外で戦争する国にはしない
愛知3区 近藤 昭一(民・比前)

他国を防衛するために反撃することで、日本が戦争に巻き込まれるから
愛知4区 牧 義夫(維・元)

集団的自衛権行使の運用範囲を限定するのは相手があることなので事実上不可能
愛知4区 高橋 祐介(共・新)

憲法違反。その正体は、米軍とともに「海外で戦争する国」をつくること
愛知4区 刀禰 勝之(民・新)

国民世論を無視し、一内閣の閣議のみで絶対に決めてはいけない問題
愛知5区 藤井 博樹(共・新)

憲法違反。米軍とともに「海外で戦争する国」に日本が巻き込まれてしまう
愛知5区 赤松 広隆(民・比前)

憲法上行使できない。許されない
愛知6区 柳沢 けさ美(共・新)

行使自体に反対で、撤回すべきだ。閣議決定という手続きも問題だ
愛知6区 森本 和義(民・元)

個別で解決し得る事柄を集団的自衛権という言葉で拡大解釈しようとしている
愛知7区 山尾 志桜里(民・元)

他国の戦争に介入するより、自国の防衛をしっかり固めた方が抑止力になる
愛知7区 郷右近 修(共・新)

米軍などと一緒に海外で戦争をするのが目的で、憲法違反である
愛知8区 伴野 豊(民・元)

時の政権が閣議決定で憲法の解釈を変えるのは危険すぎる
愛知8区 長友 忠弘(共・新)

憲法違反。日本の若者が血を流すことになる
愛知9区 岡本 充功(民・元)

憲法は国際紛争を解決する手段として武力行使を禁止している。憲法改正が必要
愛知9区 渡辺 裕(共・新)

紛争は話し合いで解決するのが当たり前。なぜ軍事優先で進めるのかわからない
愛知10区 板倉 正文(共・新)

戦争する国づくりは憲法違反。米国と一緒に戦争し、若者を死なせることになる
愛知10区 江崎 鉄磨(自・前)

時の政権が全てではない。まず憲法改正が先決となり得る重要課題となる
愛知10区 杉本 和巳(無・比前)

解釈による改憲の判断は乱発すると危険。個別法の改正で対応可能
愛知10区 小林 弘子(民・新)

首相としての憲法順守義務に違反している
愛知11区 古本 伸一郎(民・前)

海外での武力行使が必要ならば、立法で行うべきだ
愛知11区 牧田 充生(共・新)

憲法違反。その正体は米軍とともに「海外で戦争する国」づくりにある
愛知12区 牧野 次郎(共・新)

自衛隊と若者が米国の戦争に巻き込まれる。憲法9条に反する
愛知12区 重徳 和彦(維・比前)

安倍政権の言う集団的自衛権の範囲は不明確であり、説明も足りない
愛知13区 宮地 勲(共・新)

十分な議論なしに容認し、許せない。外国との摩擦も生み、平和に役立たない
愛知13区 大西 健介(民・比前)

本当にやるなら憲法を改正すべきだ。米国も無理に進めることを望んでいない
愛知14区 鈴木 克昌(民・比前)

「いつか来た道」への逆戻りが懸念される。独裁政治への動きは危険
愛知14区 袴田 富治(共・新)

行使容認は海外で戦争する国にすること。話し合いで平和の枠組みをつくるべき
愛知15区 串田 真吾(共・新)

海外で自衛隊が米軍とともに戦争することが問題の本質であり閣議決定は撤回を
愛知15区 関 健一郎(民・新)

閣議決定での行使容認は立憲主義に反する。正々堂々と国民に問うべきだ
岐阜1区 大須賀 志津香(共・新)

海外での武力行使が可能になり、日本も外国からの攻撃対象になる恐れがある
岐阜1区 吉田 里江(民・新)

一内閣の閣議決定で行うのは国会軽視であり、民主主義を踏みにじるもの
岐阜2区 森桜 房義(共・新)

海外で戦争する国づくりにつながる。憲法9条を軸に平和外交を
岐阜3区 園田 康博(民・元)

憲法9条は個別的自衛権までしか認めていない。閣議決定は憲法違反の疑義あり
岐阜3区 服部 頼義(共・新)

一内閣の勝手な判断で憲法解釈を変え、「戦争する国」にすることは認めない
岐阜4区 伊嶌 明博(共・新)

憲法9条の平和条項に真っ向から挑戦する「戦争できる国」づくりは許されない
岐阜4区 今井 雅人(維・比前)

防衛力の強化は必要だが、政府決定の内容は歯止めがきいていない
岐阜5区 鷹見 信義(共・新)

日本が殺し殺される国になり、平和を守るための憲法9条が有名無実になるから
岐阜5区 阿知波 吉信(民・元)

専守防衛と日米同盟を強化すべきだ。外国の戦地に日本人を送り出す必要はない
三重1区 橋本 マサ子(共・新)

国民の命を守ることではなく、海外で戦争する国づくりが正体だ
三重1区 松田 直久(維・新)

閣議決定ではなく、国会で議論を尽くして国民の理解を得るべきだ
三重2区 中野 武史(共・新)

憲法9条に立脚した戦後日本のあり方を、戦争参加を容認する国に変えてしまう
三重2区 中川 正春(民・前)

解釈変更ではなく憲法の議論をすべき。憲法規範の専守防衛を守るべきだ
三重3区 釜井 敏行(共・新)

明白な憲法違反であり、日本が米国の侵略戦争に加担することになるため
三重3区 岡田 克也(民・前)

国会審議も国民の理解もなく、一内閣が憲法解釈を変更することは許されない
三重4区 松木 豊年(共・新)

若者を戦場に送ることは絶対に認められない。憲法9条を守り外交で平和を築く
三重5区 内藤 弘一(共・新)

平和的解決に徹する。憲法9条の精神に立った平和外交が大事
三重5区 藤田 大助(民・元)

国のかたちを変更する大きな問題にもかかわらず国民的な議論がされていない
静岡1区 河瀬 幸代(共・新)

「海外で戦争する国づくり」が本質。憲法9条に立った平和の外交戦略こそ必要
静岡1区 小池 政就(維・比前)

内閣による憲法の解釈改憲は国民の権利を侵害するもの
静岡1区 牧野 聖修(民・元)

戦争ができる国へと進む。平和と民主主義を堅持するため
静岡2区 松尾 勉(民・新)

解釈による改憲は国民主権国家の名に値しない
静岡2区 四ツ谷 恵(共・新)

憲法9条の理念をないがしろにし、海外で戦争する国をつくることになる
静岡3区 小山 展弘(民・元)

憲法改正を行わずに事実上の解釈改憲による手法は適切でない
静岡3区 松浦 敏夫(共・新)

憲法9条を破壊し、日本を戦争する国にする。話し合いで紛争解決の姿勢が必要
静岡4区 杉田 保雄(共・新)

憲法に反して武力で紛争を打開することになる。米軍と共に戦争する国になる
静岡4区 田村 謙治(民・元)

閣議決定だけで決めず、国民の声を聞いて、しっかりと議論すべきことだ
静岡5区 細野 豪志(民・前)

国会での議論が不十分なまま。閉会中に閣僚のみにより解釈変更された
静岡5区 大庭 桃子(共・新)

戦争を放棄した憲法9条に反する。安倍政権下では「海外での戦争」となるから
静岡6区 佐藤 龍彦(共・新)

憲法9条に反する。米軍と自衛隊が肩を並べて「海外で戦争する国」になる
静岡6区 渡辺 周(民・前)

閉会中の時期に閣議決定を行い国会で議論する余地を与えなかったあざとさから
静岡7区 野沢 正司(共・新)

人類の英知は、武力ではなく対話で紛争を解決することにあると考えるため
静岡7区 松本 泰高(民・新)

立憲主義を否定したもので国民を「戦争ができる国」へ導きかねない
静岡8区 源馬 謙太郎(維・新)

行使自体は範囲も含めて深い議論が必要。閣議決定の仕方にも不満
静岡8区 古橋 和大(無・新)

立憲主義を無視した決定方法。専守防衛を前提とした防衛体制を根本から覆す
静岡8区 落合 勝二(共・新)

憲法をないがしろにし、海外で戦争することにつながる
長野1区 武田 良介(共・新)

自衛隊が海外で米軍と共に戦争できる国になる。閣議決定での容認も許されない
長野1区 篠原 孝(民・前)

これこそ解散で信を問うべきだ
長野2区 百瀬 智之(維・比前)

行使容認の緊急性と必要性は低く、強権的な憲法解釈変更は許されない
長野2区 下条 みつ(民・元)

日本は戦争に手を出してはいけない。9条があるにもかかわらず憲法違反だ
長野2区 清沢 達也(共・新)

海外で自衛隊が戦場に行って米軍と一緒に戦争する国づくりである
長野3区 唐沢 千晶(共・新)

憲法9条の下では、集団的自衛権の行使は許されないとした憲法解釈に反する
長野3区 井出 庸生(維・比前)

尖閣問題など具体的なリスクに個別の自衛権で対応できるのか想定していない
長野3区 寺島 義幸(民・前)

海外に派兵し戦争に加わること。独断的解釈変更は断じて許さない
長野4区 矢崎 公二(民・元)

立憲主義を踏みにじるものであり、閣議決定という手続き自体がおかしい
長野4区 上田 秀昭(共・新)

「海外で戦争する国づくり」が本質。憲法9条を踏みにじる憲法違反の暴挙
長野5区 中嶋 康介(民・新)

立憲主義の観点から閣議決定で変更するという手続きがそもそもおかしい
長野5区 水野 力夫(共・新)

自衛隊が海外で米軍と共に戦争する国づくりが本質。憲法9条を変える道だ
滋賀1区 川端 達夫(民・比前)

国民の理解がないまま、閣議決定のみで政府の憲法解釈を変更することには反対
滋賀1区 佐藤 耕平(共・新)

「海外で戦争する国」にしようとするもの。内容も手続きも現行憲法に反する
滋賀2区 田島 一成(民・元)

専守防衛に徹し、他国に脅威を与えるような軍事大国ではない基本理念を堅持
滋賀2区 中川 睦子(共・新)

憲法9条の理念を破壊し、米国と海外で戦争する国づくりにつながる
滋賀3区 小川 泰江(民・新)

要件があいまいで武力行使につながりかねず、国民の声を聞いていない
滋賀3区 西川 仁(共・新)

立憲主義に反し、憲法違反のクーデターとも言うべき暴挙である
滋賀4区 徳永 久志(民・新)

憲法解釈を一内閣の閣議決定で変更するのは憲法の規範性、法的安定性を損なう
滋賀4区 西沢 耕一(共・新)

憲法9条を破壊する歴史的暴挙は許さない
滋賀4区 岩永 裕貴(維・比前)

増税延期よりも集団的自衛権などの可否こそ選挙で問われるべきだ
福井1区 鈴木 宏治(維・新)

国際協調により国連を強化し、国連を中心とした集団安全保障の道を探るべきだ
福井1区 金元 幸枝(共・新)

若者が「海外で戦争する国づくり」の犠牲になりかねない。母親として許せない
福井2区 辻 一憲(民・新)

平和主義を掲げるわが国の憲法の下、「専守防衛」に徹することが基本
福井2区 宇野 邦弘(共・新)

「集団」の相棒は米国。世界で仕掛ける戦争で日本の若者を犠牲にしない
石川1区 亀田 良典(共・新)

集団的自衛権行使容認は憲法違反。海外で「戦争する国」づくりにほかならない
石川1区 田中 美絵子(民・元)

閣議決定によって憲法解釈を変えることは間違いである
石川2区 西村 祐士(共・新)

海外での武力行使を認め、日本の若者に戦争で血を流させることになる。反対
石川3区 渡辺 裕子(共・新)

日本を海外で戦争する国につくりかえようとするものだから
石川3区 近藤 和也(民・元)

国民に信を問うことなく進めている
富山1区 吉田 豊史(維・新)

国民の生命に関わる話。もっと丁寧なプロセスで扱っていくべきだ
富山1区 高橋 渡(共・新)

憲法の柱である平和主義を根本から覆す解釈改憲であり、立憲主義にも反する
富山2区 東 篤(社・新)

一内閣が解釈を変更することは、立憲主義を否定するもので許されない
富山2区 平崎 功(共・新)

日本の防衛とは縁がない。外国で米国の戦争に参加するもの
富山3区 坂本 洋史(共・新)

米国の戦争に地球の裏側まで出掛け、日本を戦争する国に変えるものだ