文字サイズ

立候補者アンケート

アンケートTop > 9県全体でみる > 質問別回答者と理由
質問3安倍政権が閣議決定した集団的自衛権の行使容認への評価は?
回答A.支持する
愛知1区 広沢 一郎(減・新)

日米同盟の強化に有益だから
愛知1区 身玉山 宗三郎(次・新)

国民の生命、財産を守るための方策の強化が必要だから
愛知1区 熊田 裕通(自・前)

日本の主権を脅かす急迫不正の事態に対応するには安保法制の整備が必要
愛知2区 東郷 哲也(自・比前)

東南アジアにおける厳しい国際情勢に政権政党としてしっかり対応するため
愛知3区 増田 成美(減・新)

戦争を起こさないための抑止力となり得る
愛知3区 池田 佳隆(自・前)

個別的自衛権を補完し、戦争をせず、戦争に巻き込まれない国になるため
愛知3区 井桁 亮(次・新)

他国と軍事同盟を組む以上、軍事的に連携することはやむを得ない
愛知4区 工藤 彰三(自・前)

わが国への攻撃を未然に防ぐために抑止力をいっそう高めることが必要である
愛知5区 神田 憲次(自・前)

周辺事態の環境は激変。わが国への攻撃を未然に防ぐための抑止力として必要
愛知5区 安田 庄一(次・新)

憲法9条改正への第一歩
愛知6区 丹羽 秀樹(自・前)

抑止力を高め、国民の命と平和な暮らしを守り、国の存立を全うするため
愛知7区 鈴木 淳司(自・前)

戦争を起こすためでなく、戦争の惨禍に巻き込まれないための備えとして重要
愛知8区 伊藤 忠彦(自・前)

日本国民の生命と財産を守るためには、今の国際情勢に即した対応が必要
愛知9区 長坂 康正(自・前)

一部容認とは主に外国での日本人救援の場合を想定しているから
愛知11区 八木 哲也(自・比前)

米国との同盟関係を基軸に、日本の自立を図っていく必要がある
愛知12区 青山 周平(自・前)

激変する国際情勢の中で日本を守るためには必要
愛知13区 大見 正(自・前)

わが国への攻撃を未然に防ぐために抑止力を一層高める必要があるから
愛知14区 今枝 宗一郎(自・前)

集団的自衛権による抑止力の向上で武力衝突は起きにくくなり平和貢献できる
愛知15区 根本 幸典(自・前)

抑止力を高めてわが国への攻撃を未然に防ぐ
岐阜1区 野田 聖子(自・前)

極めて厳格な要件により、戦争参加につながらないことは明らか
岐阜2区 棚橋 泰文(自・前)

日本の平和と安全の確保に必要であるから
岐阜3区 武藤 容治(自・前)

安保情勢が厳しさを増す中、わが国への攻撃を未然に防ぐためにも抑止力が必要
岐阜4区 金子 一義(自・前)

地政学的な観点から必要。閣議において「必要最小限」が条件に入っている
岐阜5区 古屋 圭司(自・前)

アジアの安全保障の環境変化によるあくまで自国防衛のための必要最低限の行使
三重2区 島田 佳和(自・比前)

安全保障を取り巻く環境は厳しさを増している。抑止力の向上には欠かせない
三重3区 嶋田 幸司(自・新)

北朝鮮問題を考えると、抑止力を高めることは必要。アジア各国とも協調する
三重4区 田村 憲久(自・前)

憲法の制約の中で集団的自衛権を持つことは必要
三重5区 三ツ矢 憲生(自・前)

日本の近隣で軍事力を増強している国もあり、最低限の行使は必要だ
静岡1区 上川 陽子(自・前)

東アジア情勢を踏まえた必要最小限の微調整であり、現行平和憲法の枠内
静岡2区 井林 辰憲(自・前)

わが国の存立を危うくする場合のみという極めて強い限定が入ったため
静岡3区 宮沢 博行(自・前)

日本の領土を守るために必要。わが国の防衛に限られており、妥当といえる
静岡4区 望月 義夫(自・前)

わが国への攻撃を未然に防ぐために、抑止力を一層高めることが必要だから
静岡5区 吉川 赳(自・比前)

国が有事に至らないための策。国民の生命・財産を守る姿勢を示すことが重要
静岡6区 勝俣 孝明(自・比前)

戦争をしない国をつくるための抑止力が必要
静岡7区 城内 実(自・前)

日本を取り巻く安全保障環境は厳しさを増しており、抑止力の効果を高める必要
静岡8区 塩谷 立(自・前)

安全保障環境の変化の中で国民の命と平和を守るため、抑止力としての法整備
長野1区 宮沢 隆仁(次・比前)

日米安保を基軸とした安保政策が必要だが、戦争に至らないための議論が必要
長野1区 小松 裕(自・比前)

あくまで限定的なものであり、他国の戦争に加担しない日本の平和のためのもの
長野2区 務台 俊介(自・前)

日本の国防安保の免疫力を高めるため、戦争を抑止するのに必要な判断だ
長野3区 木内 均(自・比前)

集団的自衛権を行使できることが、周辺国による武力行使の抑止力となる
長野4区 後藤 茂之(自・前)

国民の生命と財産を守るために抑制的になされた最小限のものであるため
長野5区 宮下 一郎(自・前)

日本の主権や領土を守るため、自衛権のあり方として最低限の日米協力が必要
滋賀1区 大岡 敏孝(自・前)

国民を守り、シーレーンなど国益を守るためには、友好国との連携が必要
滋賀2区 上野 賢一郎(自・前)

現行憲法下で、国民の命を守るための必要最小限の自衛の措置と理解
滋賀3区 武村 展英(自・前)

自国を自らが守ることができない現状で、必要不可欠で最小限の対応と考える
滋賀4区 武藤 貴也(自・前)

他国と協力することで勢力均衡を保ち、戦争を抑止する効果が生じると考える
福井1区 稲田 朋美(自・前)

国家の最も重要な責務は、国民の命と平和な暮らしを守り抜くこと
福井2区 高木 毅(自・前)

本来は憲法を改正すべきだが、現下の国際情勢を勘案すれば現実的な対応
石川1区 馳 浩(自・前)

平和国家は備えあれば憂いなし。戦争する国にするための行使ではない
石川2区 佐々木 紀(自・前)

自国への攻撃を未然に防ぐために抑止力を高めることが必要
石川3区 北村 茂男(自・前)

閣議決定後も国会で審議できる
富山1区 田畑 裕明(自・前)

米国や友好国と連携し、相互に支援することで抑止力を一層高めることが必要
富山2区 宮腰 光寛(自・前)

日本は島国である以上はどうしても容認が必要
富山3区 橘 慶一郎(自・前)

現下の国際情勢に対応しつつ行使要件は従前の憲法解釈を踏まえ厳格に限定した