文字サイズ

立候補者アンケート

アンケートTop > 9県全体でみる > 質問別回答者と理由
質問2安倍首相が推進する経済政策「アベノミクス」への評価は?
回答D.支持しない
愛知1区 平山 良平(社・新)

国債を発行し、日銀に政府予算を捻出させた2年間で生活は豊かにならなかった
愛知1区 吉田 統彦(民・元)

GDPと賃金が減少。インフレ円安で物価高を招いた。格差社会が増悪した
愛知1区 大野 宙光(共・新)

国民の8〜9割が「恩恵を実感できない」という経済政策は失敗
愛知2区 黒田 二郎(共・新)

大企業応援の経済政策。庶民や中小企業を応援する政策に切り替えるべきだ
愛知3区 増田 成美(減・新)

消費税などの増税を進めているから
愛知3区 石川 寿(共・新)

大資産家と大企業がもうけただけ。格差は広がった
愛知3区 近藤 昭一(民・比前)

金融緩和で株価は上昇したが、多くの方の生活はさらに苦しくなっている
愛知4区 牧 義夫(維・元)

投資先となる第3の矢がないままにマネタリーベースを増やし、格差を広げた
愛知4区 高橋 祐介(共・新)

大資産家と大企業がもうけただけ。国民に格差拡大と景気悪化を押しつけた
愛知4区 刀禰 勝之(民・新)

個人の所得は実質的に下がる一方で、結果的にさらなる格差社会を助長した
愛知5区 藤井 博樹(共・新)

もうけたのは億万長者と大企業。格差が拡大し、景気が落ち込む悪循環に陥った
愛知5区 赤松 広隆(民・比前)

経済の状況、具体的な数字(16カ月実質賃金はマイナス)を見れば明らか
愛知6区 柳沢 けさ美(共・新)

経済成長の成果は出ず、貧困と格差を広げているから
愛知6区 森本 和義(民・元)

一部の人間だけが恩恵を受け、国民全体の生活向上に寄与しないから
愛知7区 山尾 志桜里(民・元)

株価頼みの経済はもろい。個人消費に働き掛ける実体経済の成長を目指すべきだ
愛知7区 郷右近 修(共・新)

財界・富裕層はもうけたが、格差が拡大し、景気が悪化した
愛知8区 伴野 豊(民・元)

生活者の営みが向上してこそ景気が向上するという根本的な視点が欠落している
愛知8区 長友 忠弘(共・新)

過去に失敗してきた経済政策を進めているだけ。国民のことを考えていない
愛知9区 渡辺 裕(共・新)

大企業がもうかっても暮らしは豊かになっていない。お金は投機にまわっている
愛知10区 板倉 正文(共・新)

大企業がもうけ、労働者実質賃金は下落続き。格差拡大と景気悪化を招いた
愛知10区 小林 弘子(民・新)

実質賃金の低下、物価の高騰など国民を貧しくさせている
愛知11区 古本 伸一郎(民・前)

子世代への借金(国債)により株高経済を誘導しても、実需がなければ続かない
愛知11区 牧田 充生(共・新)

大資産家と大企業がもうけただけだ。国民に格差と景気悪化が押し付けられた
愛知12区 牧野 次郎(共・新)

多数の国民には全く恩恵なく物価高で苦しんでいる。大資産家、大資本のみ潤う
愛知13区 宮地 勲(共・新)

大企業が優遇されただけ。物価が上昇し、多くの庶民の生活を圧迫している
愛知14区 鈴木 克昌(民・比前)

来年10月の消費税引き上げを延期せざるを得なかったことで失敗は明らか
愛知14区 袴田 富治(共・新)

結果は貧富の格差拡大と景気悪化のみであり、景気回復の実感がない
愛知15区 串田 真吾(共・新)

アベノミクスは格差と貧困を広げただけ。直接家計を潤す経済政策に転換を
愛知15区 関 健一郎(民・新)

中間層の所得上昇につながっていない。格差を広げ、地域経済をより悪化させた
岐阜1区 大須賀 志津香(共・新)

大企業や富裕層への恩恵ばかりで、庶民は物価が上昇して負担が増えている
岐阜1区 吉田 里江(民・新)

地方の労働者、中小零細企業への波及効果が見られず、格差は広がっている
岐阜2区 森桜 房義(共・新)

株価が上がり資産家は潤うが、庶民の生活は物価高で破壊されてしまう
岐阜3区 服部 頼義(共・新)

格差拡大で庶民を切り捨て、大資本家と大企業だけが得をする誤った政策
岐阜4区 伊嶌 明博(共・新)

庶民には大増税、大企業には大減税。これで経済が良くなるわけがない
岐阜4区 今井 雅人(維・比前)

都市と地方、大企業と中小企業、金持ちとそうでない人の格差が拡大している
岐阜5区 鷹見 信義(共・新)

得したのは大資産家と大企業。格差拡大で庶民を切り捨てる誤った政策だから
岐阜5区 阿知波 吉信(民・元)

物価高と不景気で庶民の生活は困窮し、格差も拡大。明らかな失敗であるため
三重1区 橋本 マサ子(共・新)

アベノミクスがもたらしたものは、格差拡大と景気悪化だけ
三重1区 松田 直久(維・新)

一番重要である3本目の矢(規制改革)が全くの骨抜き状態である
三重2区 中野 武史(共・新)

中小零細企業に恩恵がなく、景気回復の要の所得は増えず家計消費が落ち込んだ
三重2区 中川 正春(民・前)

地方経済や国民にとって負担増。通貨と国債のリスクが増大する
三重3区 釜井 敏行(共・新)

大企業と大資産家の短期的な利益のみを追求する政策であり、格差が広がった
三重3区 岡田 克也(民・前)

期待外れ。国民生活は厳しいままで、最も重要な成長戦略に具体的成果がない
三重4区 松木 豊年(共・新)

大株主と大企業だけが富み、大多数の勤労者や中小零細企業は悲鳴を上げている
三重5区 内藤 弘一(共・新)

格差拡大と景気悪化だけで、施策が進めば進むほど暮らしも経済も壊れる
静岡1区 河瀬 幸代(共・新)

大企業と大資産家を潤しただけで賃金には回らず、格差拡大と景気悪化しただけ
静岡1区 牧野 聖修(民・元)

円安と株価誘導政策では、国民生活は良くならないことが明確になった
静岡2区 松尾 勉(民・新)

財政ファイナンスそのもの。金利上昇などリスク増大
静岡2区 四ツ谷 恵(共・新)

大企業が潤っても庶民の暮らしはますます苦しくなり、格差を拡大するから
静岡3区 小山 展弘(民・元)

資産が多い人が潤うだけでは消費は伸びない。輸出も伸びず円安の悪影響が甚大
静岡3区 松浦 敏夫(共・新)

円安誘導で株価のみに波及。格差を広げている。庶民の所得拡大対策こそ必要だ
静岡4区 杉田 保雄(共・新)

大企業と資産家に効果があっても国民は物価高の賃金低下で暮らしが大変だ
静岡4区 田村 謙治(民・元)

富裕層や大企業が優遇され、一般市民や中小企業が置き去りにされているため
静岡5区 細野 豪志(民・前)

物価高に収入が追い付かず実質賃金は下がり続け、地方や家計に広がっていない
静岡5区 大庭 桃子(共・新)

大企業と資産家は円安株高で効果があるが、国民は物価高と賃金低下で生活困難
静岡6区 佐藤 龍彦(共・新)

格差拡大と景気悪化しかもたらさない。庶民の懐が温まらないと景気回復はない
静岡6区 渡辺 周(民・前)

急激な円安は予測できたはずだが、対応策を考えずに行い副作用に苦しんでいる
静岡7区 野沢 正司(共・新)

大企業と資産家が恩恵を受けているだけで、格差が拡大し、GDPが減っている
静岡7区 松本 泰高(民・新)

トリクルダウン理論(富める者が富めば貧しい者も潤う)は格差を広げるだけ
静岡8区 源馬 謙太郎(維・新)

今回のGDP速報値を見ても、失敗は明らか。より大幅な規制緩和が必要
静岡8区 古橋 和大(無・新)

過度な円安、悪い物価上昇、実質賃金の低下、格差拡大により国民生活が悪化
静岡8区 落合 勝二(共・新)

格差が拡大し、日本経済がだめになる
長野1区 武田 良介(共・新)

円安で格差が拡大した。輸入物価も上がり、地域経済も元気にならない
長野1区 篠原 孝(民・前)

支離滅裂
長野2区 百瀬 智之(維・比前)

11月17日のGDP速報値が示した通り、経済対策として奏功していない
長野2区 下条 みつ(民・元)

実質賃金は16カ月落ちているし、恩恵を受けているのは大企業のみ
長野2区 清沢 達也(共・新)

トヨタなど海外輸出大企業は大もうけし、庶民には負担増で格差を広げた
長野3区 唐沢 千晶(共・新)

大企業が潤っても雇用も賃金も改善しない。賃上げから暮らしを立て直すべきだ
長野3区 井出 庸生(維・比前)

物価上昇は地方への負担が大きく、企業の業績や賃金の上昇に至っていない
長野3区 寺島 義幸(民・前)

いつも暮らしと地方は後回し。これ以上地方が中央の犠牲になることは許せない
長野4区 矢崎 公二(民・元)

大企業、富裕層優遇のマネーゲーム政策。格差の拡大で生活者を苦しめている
長野4区 上田 秀昭(共・新)

大企業と資産家優遇、実質賃金の16カ月連続マイナスで、国民の暮らしを破壊
長野5区 中嶋 康介(民・新)

景気回復が地域の実体経済に波及しておらず、現段階では疑念を抱いている
長野5区 水野 力夫(共・新)

大株主、大企業は大もうけする一方、物価上昇で暮らしを破壊し格差を広げた
滋賀1区 川端 達夫(民・比前)

物価上昇に賃金は追いつかず、実感なき景気回復。格差は拡大し、暮らしは疲弊
滋賀1区 佐藤 耕平(共・新)

庶民には物価高と実質所得の低下、大企業と資産家に富が集中。格差が拡大した
滋賀2区 田島 一成(民・元)

極端で硬直した金融緩和により、国民生活が悪化、経済も低迷しているため
滋賀2区 中川 睦子(共・新)

恩恵を受けるのは大企業と富裕層。庶民には増税と社会保障切り捨ての政策だ
滋賀3区 小川 泰江(民・新)

円安が進み、食料品など生活必需品が高騰して国民の暮らしを直撃している
滋賀3区 西川 仁(共・新)

アベノミクスがもたらしたのは、格差拡大と景気悪化だけだ
滋賀4区 徳永 久志(民・新)

アベノミクスは日本社会の特徴である分厚い中間層を解体させ格差社会を招く
滋賀4区 西沢 耕一(共・新)

アベノミクスがもたらしたものは、格差拡大と景気悪化だけだった
福井1区 鈴木 宏治(維・新)

消費増税と物価上昇で、サラリーマン世帯の実収入は10カ月以上減少
福井1区 金元 幸枝(共・新)

格差拡大し、景気悪化を招いた。庶民には物価上昇、実質賃金減がダメージに
福井2区 辻 一憲(民・新)

経済指標が示す通り実体経済の悪化が明らかで国民生活は何ら改善されていない
福井2区 宇野 邦弘(共・新)

物価高と増税で庶民は苦しみ、株価引き上げで富裕層は富む。格差が拡大した
石川1区 亀田 良典(共・新)

富裕層や大企業にはもうけがあるが、庶民は物価高や雇用破壊などで格差が拡大
石川1区 田中 美絵子(民・元)

格差が広がる、実体のない経済政策のため
石川2区 西村 祐士(共・新)

アベノミクスで実質賃金が低下。国民生活を苦しめ、消費も景気も後退させた
石川3区 渡辺 裕子(共・新)

「成長戦略」と言いながら、生んだのは格差拡大と景気悪化だけだった
石川3区 近藤 和也(民・元)

一般市民や中小企業を踏み台にした経済理論
富山1区 高橋 渡(共・新)

格差を拡大している。暮らし、賃上げ雇用、中小企業などを支える転換が必要
富山2区 東 篤(社・新)

実質賃金が減少、GDPはマイナス。暮らしと雇用の立て直しが優先
富山2区 平崎 功(共・新)

大企業と大資産家だけが潤い、庶民は生活が苦しくなる一方
富山3区 坂本 洋史(共・新)

格差拡大で景気を悪化させた。実質賃金16カ月連続減、大企業は4兆円の増益