トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

米マクドナルド、店内飲食を停止 スターバックスも、持ち帰りに

 【ニューヨーク共同】米国でマクドナルドやスターバックスといった飲食店チェーン大手が、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、店内飲食を一時的に停止し、持ち帰りと配達だけの営業に切り替えた。州政府による飲食店の営業制限措置の動きも広がった。

 マクドナルドは16日、米国の直営店で店内飲食コーナーを閉じ、飲料のセルフサービスも停止すると発表した。商品は持ち帰りやドライブスルー、配達で提供。フランチャイズ店にも同様の取り組みを求めている。

 スターバックスは15日、米国とカナダの直営店で、持ち帰りだけで提供すると発表。商業施設や大学構内にある直営店は休業。

 マクドナルドの店頭に貼られた告知。持ち帰りに限定するとしている=17日、米ノースカロライナ州・チャペルヒル(AP=共同)

 マクドナルドの店頭に貼られた告知。持ち帰りに限定するとしている=17日、米ノースカロライナ州・チャペルヒル(AP=共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索