トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

原発避難、二審は東電の賠償増額 初の控訴審判決、仙台高裁

 東京電力福島第1原発事故で避難指示を受けた住民ら216人が、ふるさとを奪われたなどとして、東電に損害賠償を求めた訴訟の控訴審で、仙台高裁は12日、東電に支払いを命じた一審福島地裁いわき支部判決を変更し、賠償額を計約1億5千万円増額する判決を言い渡した。全国で約30ある同種訴訟で初めての控訴審判決。

 判決理由で小林久起裁判長は「東電は2008年4月ごろには、福島第1原発に敷地の高さを超える津波が到来し、原子炉を安全に停止する機能を喪失する可能性があると認識していた」と指摘した。

 東電は「今後、判決内容を精査し、対応を検討する」とのコメントを出した。

(共同)

 東京電力福島第1原発。右から1、2、3、4号機=2018年

 東京電力福島第1原発。右から1、2、3、4号機=2018年

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索