トップ > 国際 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

国際

ロシア改憲で領土割譲禁止明記か プーチン大統領が検討指示

 【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領は13日、改憲案を検討する作業部会で「ロシア領土の割譲禁止」を憲法に明記するための条文案の検討を専門家に指示した。現実になれば日本との北方領土交渉に影響する可能性がある。

 作業部会で著名な俳優のマシコフ氏が領土割譲禁止条項を盛り込むよう提案し、プーチン氏はこれに賛意を表明し指示を出した。

 マシコフ氏は、ロシア各地を訪れ、国境地帯に住む住民らが「クリール諸島(北方領土と千島列島)」などの領土が外国に奪われることを懸念していると説明。憲法には領土割譲だけでなく「割譲に関する協議をすることも禁止する」と明記するよう求めた。

 13日、改憲案を検討する作業部会に出席したプーチン・ロシア大統領(右)=モスクワ郊外(タス=共同)

 13日、改憲案を検討する作業部会に出席したプーチン・ロシア大統領(右)=モスクワ郊外(タス=共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索