トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

「点字名刺」じわり広がる 水戸市の知的障害者ら作成

 知的障害者らの就労支援をしている水戸市のNPO法人「ボイス社」が作る、表面に点字が打ち込まれた「点字名刺」がじわりと広まっている。「どこで作ったか聞かれた」「話題づくりにいい」と好評で、ボイス社の担当者は「今年は東京五輪・パラリンピックもあり、多くの人に使ってほしい」と期待している。

  ボイス社が点字名刺を手掛けるようになったのは02年。会社や個人から受注し、通所する知的障害者らが、名前や会社名、電話番号を1枚ずつ機械で打ち込む。慎重さと集中力が求められる作業だが、熟練者になると、100枚を10〜15分ほどで打てるという。

(共同)

 ボイス社で作られた前田了さんの「点字名刺」

 ボイス社で作られた前田了さんの「点字名刺」

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索