トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

7億円当せん宝くじ偽造、詐欺未遂疑いで四日市の男逮捕 名古屋

 2018年末に抽選があった「年末ジャンボ宝くじ」の偽造当せん券を使って1等の当せん金7億円をだまし取ろうとしたとして、名古屋・中村署は6日、詐欺未遂の疑いで三重県四日市市滝川町の無職山本智章容疑者(42)を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑では6日午後1時40分ごろから2時10分ごろの間に、中村区内の金融機関で偽造当せん券を提出したとされる。行員が偽造に気付いて通報し、駆け付けた署員が現行犯逮捕した。

 署によると、山本容疑者は「正規の販売店で購入した宝くじの1枚だ」と容疑を否認している。宝くじの支払期限は6日までだった。大きさやデザインは本物に似せて作られていた。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索