トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

岐阜・北方のスーパー店内に刺激物 容疑で25歳男を逮捕へ

 岐阜県北方町高屋太子2のスーパー「カネスエ北方店」で8月、客らが一斉にせき込むなどして11人が搬送された騒動で、県警は、店内で刺激物をまいたとして、威力業務妨害の疑いで同町の無職の男(25)を近く逮捕する方針を固めた。

 捜査関係者によると、男は8月6日、同店で刺激物をまき、店の営業を妨害したとされる。

 同店では同日午前10時35分ごろ、「客がせき込んでいる」と従業員が110番。客と従業員計40人がのどの痛みなどを訴え、大人6人、子ども5人が病院に搬送された。同店は2日間営業を休止し、店内の全商品の入れ替えや清掃をした。

 当初、防犯カメラで不審者は確認できず、事件性は低いとみられたが、県警が複数の防犯カメラを調べ、男の関与が浮上した。

 男は、同県大垣市の別の大型商業施設で9月、小学2年の女児=当時(8つ)=に催涙スプレーをかけたとして、10月に暴行容疑で逮捕、11月に同罪で起訴されていた。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索