トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

展示の軍人手袋など窃盗疑い、四日市の収集家逮捕 「三重、愛知、岐阜で盗んだ」

 津市の資料館に展示された旧海軍航空隊の飛行手袋とゴーグルを盗んだとして、三重県警四日市南署は17日、窃盗の疑いで、四日市市曙2、工場作業員高倉清彦容疑者(48)を逮捕した。

 逮捕容疑では10月31日午後5時から15日午前11時ごろまでの間に、津市香良洲町の津市香良洲歴史資料館で、展示室のマネキンに飾ってあった飛行手袋1組とゴーグル1点(計4万円相当)を盗んだとされる。

 署によると、高倉容疑者は容疑を認め、「三重、愛知、岐阜の3県にある軍隊資料館で50点以上の資料を盗んだ」と供述している。高倉容疑者は軍隊資料の収集家で、客を装って入館し、常駐する市臨時職員が目を離した隙に盗んだとみられる。

 香良洲歴史資料館は、三重海軍航空隊の跡地にある施設で、同航空隊の装備品などを展示している。飛行手袋とゴーグルのほか、倉庫に保管していた軍服や飛行服、階級章など42点もなくなっており、津市教委が16日、津南署に被害届を提出した。

 同容疑者は、被害届提出のニュースを会員制交流サイト(SNS)で知り、17日夕方に四日市南署に自首した。

(中日新聞)

窃盗被害にあった飛行手袋とゴーグルを装着したマネキン=津市香良洲町の市香良洲歴史資料館で(津市教委提供)

窃盗被害にあった飛行手袋とゴーグルを装着したマネキン=津市香良洲町の市香良洲歴史資料館で(津市教委提供)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索