トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

ノーベル賞吉野氏晴れやかに出社 「命ある限り研究続ける」

 今年のノーベル化学賞に決まった旭化成名誉フェローで名城大教授の吉野彰氏(71)は受賞の知らせから一夜明けた10日午前、共同通信の取材に応じ、97歳で現役を続ける共同受賞者グッドイナフ米テキサス大教授にならい「命ある限り研究を続ける」と決意を語った。

 前日の記者会見で科学に興味を持つきっかけになったと話した「ロウソクの科学」は増刷が決定。「(自分の)言葉の重みを感じる。本が売れて、将来の研究者が生まれるといい」と述べた。

 10日朝、東京都千代田区の旭化成に晴れやかな表情で出社した吉野氏を大勢の社員が拍手で出迎え、花束を贈呈した。

(共同)

 ノーベル化学賞の受賞決定から一夜明け、旭化成本社に出社する吉野彰名誉フェロー=10日午前、東京都千代田区

 ノーベル化学賞の受賞決定から一夜明け、旭化成本社に出社する吉野彰名誉フェロー=10日午前、東京都千代田区

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索