トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

台風19号、12〜13日に接近、上陸恐れ 

 大型で猛烈な台風19号は10日、日本の南の海上を北寄りに進んだ。非常に強い勢力を保ったまま12〜13日に西日本から東日本に接近し、上陸する恐れがある。気象庁は、全国的に暴風や大雨、大しけの可能性があるとして注意を呼び掛けた。

 気象庁によると、台風の接近に伴い、南から暖かく湿った空気が流れ込むため、西日本の太平洋側と東日本では、11日午後から大気の状態が非常に不安定となる。

 台風19号は10日正午現在、父島の南西約440キロを時速約20キロで北に進んだ。中心気圧は915ヘクトパスカルで中心付近の最大風速は55メートル、最大瞬間風速は75メートル。

(共同)

 台風19号の予想進路(10日9時現在)

 台風19号の予想進路(10日9時現在)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索