トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

登山中に滑落か、桑名の男性死亡 三重、仙ケ岳

 6日午前11時45分ごろ、三重県亀山市安坂山町の仙ケ岳(961メートル)で、「男性が滑落している」と入山した登山者が119番した。亀山消防署の山岳救助隊らが、登山道から約15メートル下で倒れていた男性を発見したが、約3時間後に死亡を確認した。

 亀山署などによると、男性は同県桑名市中央町の医師、平田和男さん(66)。滑落とみられ、頭部から出血していた。署は死因や滑落の原因を調べている。

 現場は、石水渓キャンプ場から北西に約2キロの標高497メートル地点。白谷道コースと呼ばれる登山道の途中で、道幅は約60センチだったという。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索