トップ > 経済 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

経済

アマゾン「原則、置き配」実験 岐阜・多治見で全国初

 インターネット通販大手のアマゾンジャパン(東京)は11日、岐阜県多治見市で10月から1カ月間、商品を届け先の人に直接手渡しするのでなく、家の玄関脇などに置いておく「置き配」を標準的な配送方法とする実証実験を実施すると発表した。再配達をなくすことで、宅配業界の深刻な人手不足への対応を図る。アマゾンは結果を検証し、全国での実施を検討する。

 アマゾンは、今年2月から東京や名古屋などの都市部を中心に、希望者に対して置き配を実施している。今回の実験では全国で初めて、希望しない人を除いて置き配で商品を届ける。希望すれば、これまで通り対面での受け取りも可能。

 対象は、住所登録先を多治見市内としているアマゾンの利用者。注文画面に置き場の候補として、玄関脇や車庫、自転車のかご、宅配ボックス、ガスメーターボックスなどが表示され、利用者が選択する。

 宅配業者は配達時に、専用のタブレットで荷物を置いた状態を撮影し、利用者にメールを送る。商品が盗まれたり雨にぬれて傷んだりした場合は、状況を確認した上でアマゾンが損害を補填する。

 アマゾンは、再配達の削減効果や、盗難の発生件数などを取りまとめ、検証する。

(中日新聞)

「置き配」サービスの仕組み

「置き配」サービスの仕組み

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索