トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

三重南部で1000ミリ超予想 台風10号

 大型の台風10号は15日昼から16日早朝にかけ、東海地方に最接近し、各地で雷を伴う激しい雨を降らせる見込み。

 気象庁によると、16日午前6時までの24時間の最大予想雨量は、愛知、岐阜県で350ミリ、三重県で500ミリ。台風の動きが遅く雨が長期化し、三重県南部では降り始めからの雨量が1000ミリを上回る可能性がある。予想される16日の最大風速(最大瞬間風速)は愛知、三重両県が18メートル(30メートル)、岐阜県が15メートル(30メートル)。

 15日午前10時現在で、愛知、三重両県の広範囲に波浪警報、暴風警報が出されている。高波の危険性が高まるほか、大潮の期間と重なるため、満潮の15日夕には高潮にも注意が必要となる。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索