トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

陸橋から木材、ホームに落下 JR関ケ原駅

 14日午後1時50分ごろ、岐阜県関ケ原町のJR東海道線関ケ原駅で、乗り換え用の陸橋に使われている木材が、3・6メートル下のホーム上に落下しているのを、清掃員が見つけた。けが人はなく、電車の運行への影響もなかった。

 JR東海によると、木材は横1・2メートル、縦10センチで重さは3キロ。電灯の取り付け用として設置されていたという。陸橋は1956年に建造され、老朽化で落下した可能性があるとみている。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索