トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

東海道新幹線、15日に「本数減」も JR東海、台風10号接近で

 JR東海は13日、台風10号の接近に伴って15日の東海道新幹線(東京―新大阪間)の運行本数を減らす可能性があると発表した。JR西日本も13日、15日に山陽新幹線(新大阪―博多間)の運転を終日見合わせる可能性があると発表しており、JR東海の対応はこれを受けた形。

 JR東海によると、山陽新幹線が運転見合わせとなった場合、東京―博多間など東海道、山陽両新幹線をまたぐ列車の運転も見合わせとなる可能性がある。JR東海は東京―新大阪間の折り返し運転も検討している。

 同社の担当者は「お盆の時期と重なるので早めにお知らせした。ただ、通常通り運転することもあり得る」としている。

 JR西日本は14日午前11時に、山陽新幹線の詳しい運転計画をホームページなどで公表する予定。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索