トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

2700万円脱税疑いで豊田の男性告発 名古屋国税局

 消費税約2700万円を脱税したとして、名古屋国税局が人材派遣会社を営んでいた粟谷毅氏(58)=愛知県豊田市=を消費税法違反の疑いで、名古屋地検に告発したことが関係者への取材で分かった。

 関係者によると、粟谷氏は2017年までの3年間で約3億4千万円の売り上げがあったのに申告せず、派遣先から預かった消費税約2700万円の納税を免れたとされる。

 人材派遣会社に関する消費税は、派遣元が役務の提供に対する代金を受け取る際に派遣先から預かり、後にまとめて国に納める仕組み。消費税は役務の提供も課税対象となる。

 また、従業員給与から所得税分を天引きする源泉徴収や自身の所得税分でも申告に問題があり、追徴税額は総額約6700万円に上るもようだ。

 粟谷氏は本紙の取材に「親戚ががんになり、生活の面倒をみるために使ってしまった。許されることでなく、罪を償うつもりでいる」と答えた。修正申告をし、一部を納税したという。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索