トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

「ガソリンだ」液体を警察官にかけた疑い あいちトリエンナーレ会場

 「あいちトリエンナーレ2019」の会場で警察官に液体をかけたとして、名古屋・東署は7日、公務執行妨害の疑いで、住所・職業不詳、自称室伏良平容疑者を現行犯逮捕した。

 逮捕容疑は7日午後4時10分ごろ、名古屋市東区の愛知芸術文化センター10階に停止中のエレベーター内で、同署地域課の男性警部補(45)に対して「ガソリンだ」と言いながらバケツに入った液体を足にかけ、職務を妨害したとされる。

 署によると「警察官をひるませるためにまいたが、かける気はなかった」と容疑を一部否認している。液体は水とみられる。同日午後3時35分ごろ、ヘルメットなどを着けた室伏容疑者を含む男3人組が、会場の床に液体をかけて布でこすっていたため、センター関係者が110番した。

 3人のうちの1人は「津田を出せ」などと叫んでいたといい、トリエンナーレ芸術監督の津田大介さんを指すとみられる。署は室伏容疑者以外の2人からも事情を聴いている。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索