トップ > 国際 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

国際

異例の着席で国歌演奏 メルケル首相、式典で震えは出ず

 【ベルリン共同】体が小刻みに震える症状で健康の不安説が出ているドイツのメルケル首相は11日、ベルリンを訪れたデンマークの女性首相フレデリクセン氏と式典に出席、国歌演奏は両首脳が着席した状態で行われた。演奏中の着席は異例。

 用意された白い椅子に腰掛けたメルケル氏の体が震えることはなかった。フレデリクセン氏も着席して脚を組み、柔和な表情を浮かべていた。

 メルケル氏の体の震えが出たのは6月中旬に炎天下で行われた式典が最初。その後、同月下旬にも同様の状態となり、今月10日の式典でも震えが出た。メルケル氏は詳しい状態を明らかにしていないが「心配ない」としている。

 式典での国歌演奏中、着席するドイツのメルケル首相(手前右)とデンマークのフレデリクセン首相=11日、ベルリン(ゲッティ=共同)

 式典での国歌演奏中、着席するドイツのメルケル首相(手前右)とデンマークのフレデリクセン首相=11日、ベルリン(ゲッティ=共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索