トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

「観光公害」、自治体調査を公表 交通渋滞やマナーが課題

 観光庁は12日、観光客の増加に関し、生活環境が悪化する「観光公害」などの課題を自治体に尋ねた調査結果を公表した。38%が交通渋滞を挙げたほか、トイレの不適切な利用などマナーに関する項目も目立った。同庁は他国との比較を踏まえ「観光公害は現時点では広く発生するに至っていない」としながらも、マナー対策などに取り組んでいく方針だ。

 複数回答で38%が「観光バスなどによる交通渋滞」を挙げ最多。ほかに住民生活に影響を及ぼすような課題としては「トイレの不適切な利用」の25%や「住宅地などへのごみ投棄」の20%が多かった。

(共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索