トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

女性死亡、小1女児重体 草津・名神事故、15人重軽傷

 24日午後4時20分ごろ、滋賀県草津市笠山5の名神高速道路上り線の草津ジャンクション(JCT)付近で、観光バスがワンボックス車に追突し、さらに前方の2台も絡む玉突き事故となった。ワンボックス車は横転し、乗っていた12人のうち奈良県大和高田市奥田の会社員仲本佳子さん(58)が脳挫傷などで死亡、仲本さんの孫で同市春日町の小学1年生尾崎綾音さん(7つ)が外傷性くも膜下出血などで意識不明の重体、乳児など子ども2人が重傷、8人が軽傷を負った。前方の2台の計3人とバスの2人も軽傷。

 県警は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、バス運転手の大阪府八尾市堤町一、鈴木武容疑者(52)を現行犯逮捕した。容疑を認めているという。県警は、容疑を同法違反(過失致死傷)に切り替えて調べる。

 県警によると、現場は片側4車線で、事故は新名神高速道路に分岐する左端の車線で起きた。当時、新名神のリフレッシュ工事の影響で渋滞しており、ワンボックス車など事故に巻き込まれた車は停止していた。

 追突の弾みで、仲本さんと尾崎さんは、ワンボックス車の外に放り出された。ワンボックス車はレンタカー。乗っていた12人は3家族とみられ、成人女性が4人、10歳未満の男女が8人だった。

 観光バスは「ワールドキャビン」(東京都)が運行し、鈴木容疑者のほか、中国人観光客32人、ガイド2人が乗っていた。会社によると、バスは同日午前8時に大阪府泉佐野市のホテルを出発し、京都と奈良の観光を終えて、愛知県蒲郡市の宿泊先に向かう途中だった。

 同社ホームページによると、訪日外国人客専門の観光バス業者で、2005年に設立。本社のほか、愛知県あま市など7カ所に営業所があり、156台の大型観光バスを運行している。

 西日本高速道路によると、事故の影響で午後5時ごろから約5時間、名神高速道路上り線の京都東インターチェンジ―草津JCT間が通行止めとなった。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索