トップ > スポーツ > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

スポーツ

大相撲名古屋場所、荒磯親方もPR 前売り券販売スタート

 名古屋市中区のドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で7月7〜21日に開かれる大相撲名古屋場所(日本相撲協会、中日新聞社主催)の入場券が23日、全国のコンビニやプレイガイドで一斉に発売された。

 元横綱稀勢の里の荒磯親方がPRに訪れた名古屋市中区のCBC会館では、午前10時の販売開始を前に、大勢の相撲ファンが列を作った。入場券を購入した後、荒磯親方と握手したり、記念撮影したりして楽しみ、「現役時代、大好きでした。親方でも頑張って」と声を掛ける人もいた。

 稀勢の里が横綱になったのがきっかけで相撲好きになったという愛知県蒲郡市の主婦小田彩子さん(49)は「本場所は初めて見るので楽しみ。大関の貴景勝に優勝してほしい」と話した。

 荒磯親方は「どこよりも熱い相撲ファンが多く、現役時代はたくさん声を掛けてもらった」と名古屋の印象を語り、「ぜひ、生で見て大相撲の迫力を感じてもらいたい」と呼び掛けた。

 入場料は3300(椅子指定席B)〜4万6800円(4人用升席A)。問い合わせは大相撲名古屋場所事務所へ。6月5日までは電052(221)0738。6日以降は電052(962)9300。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索