トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

福井放送元社長をひき逃げ容疑で逮捕 87歳、容疑否認

 福井県警福井署は23日、道交法違反(ひき逃げ、事故不申告)の疑いで、福井市三郎丸1、福井放送非常勤取締役最高顧問で元社長の坪田清則容疑者(87)を逮捕した。

 逮捕容疑では、22日午後3時55分ごろ、福井市大宮2の国道416号の交差点で乗用車を運転中、右から来た同市の女性会社員(40)の軽ワゴン車と出合い頭に衝突したが、救護措置を取らずに走り去ったとされる。女性は首をねんざする軽傷。

 署によると、「衝撃はあったが何か踏んだのかと思った」と容疑を否認している。現場は信号のある交差点で、双方とも「信号は青だった」としている。

 福井放送によると、坪田容疑者は1952年に入社し、代表取締役社長や会長を務めた。同社は「報道機関として誠に遺憾。事実関係が確認でき次第、厳正に対処する」とのコメントを出した。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索