トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

「マルサのちくわ」破産 「えびせんべいとちくわの共和国」とは無関係

 帝国データバンク豊橋支店によると、水産加工会社の蒲(がま)サ食品(愛知県蒲郡市)が14日、名古屋地裁豊橋支部から破産手続きの開始決定を受けた。負債額は約6億円。

 1946年1月創業。主力の「マルサのちくわ」や練り物の製造販売を手掛けている。2002年7月期には売上高20億円を計上した。ただ、得意先のスーパーの業績低迷や漁獲量減に伴う仕入れ価格の上昇で収益が悪化。借り入れ負担から資金繰りに苦しんでいた。

(中日新聞)

【おわび】5月14日から掲載した記事で「豊川市では土産物店『えびせんべいとちくわの共和国』を運営」としましたが、「蒲サ食品」とは無関係の会社が経営していました。訂正しておわびします。

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索