トップ > 政治 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

政治

大戸川ダム賛同表明 滋賀知事、方針転換「早期整備を」

 滋賀県の三日月大造知事は16日の定例会見で、国が2009年から建設を凍結している大戸川ダム(大津市)について「県内に大戸川ダムは必要だ。ダム本体工事の早期整備を望む」と述べ、建設に賛同することを表明した。08年に滋賀、三重、京都、大阪の当時の知事が国に中止を要望した経緯があるが、こうした方針から転換した格好だ。

 三日月知事は今年3月まで、大戸川ダムの治水効果を検証する県独自の勉強会を3回開催したことを踏まえ「全国各地で毎年のように豪雨が発生し、浸水被害が多発しているが、大戸川ダムには一定の治水効果が期待できることが勉強会の検証によって分かった」と方針転換の理由を語った。

 事業復活には、中止を求めた4府県に兵庫、奈良を加えた6府県の知事の賛同が必要になるが、08年の方針については「どうするかは未定」としながらも「知事として、県の立場を国や下流部へしっかりと説明したい」と話した。

 大戸川ダムは滋賀県南部で淀川水系の大戸川に建設する計画で、国が1968年に多目的ダムとして予備調査を始めたが、水需要の低下を受けて2005年に事業を凍結。07年に治水専用として事業復活したが、4府県の要望を受けて09年に再び凍結した。総貯水容量は2210万立方メートル。総事業費は1163億円。

(中日新聞)

 大津市の大戸川ダム建設予定地=2016年2月

 大津市の大戸川ダム建設予定地=2016年2月

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索