トップ > スポーツ > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

スポーツ

トランポリン伊藤正樹が現役引退 男子のエース、五輪2大会で代表

 日本体操協会は16日、トランポリン男子で2012年ロンドン、16年リオデジャネイロと五輪2大会連続代表だった伊藤正樹(30)=東栄住宅=の現役引退を発表した。日本男子のエースとして20年東京五輪出場を目指していたが、度重なる腰痛に悩まされていた。17日に東京都内で記者会見を開く予定。

 東京都出身の伊藤は6歳で本格的にトランポリンを始め、金沢学院大に進学した。安定感のある跳躍を持ち味とし、11年世界選手権で銅メダル。ロンドン五輪では4位に入り、リオ五輪では6位に終わった。代表入りした昨年11月の世界選手権は腰痛により欠場していた。

(共同)

 伊藤正樹

 伊藤正樹

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索