トップ > 社会 > 話題のニュース一覧 > 記事

ここから本文

話題のニュース

パリのノートルダム寺院で大火災 世界遺産の尖塔崩落、失火の疑い

 【パリ共同】パリ中心部の観光名所で世界遺産のノートルダム寺院(大聖堂)で15日午後6時50分(日本時間16日午前1時50分)ごろ、高層部から出火、屋根が炎上する大火災となり、高さ約90メートルの尖塔が焼け落ちた。消防当局は16日未明まで懸命の消火活動を続け、建物の崩壊を防いだ。検察当局は失火の疑いがあるとみて捜査を始めた。

 フランスのテレビは消防士1人が重傷を負ったと伝えた。寺院関係者や観光客の死傷の情報はない。パリ市当局者は寺院が保有する宗教芸術など多数の貴重な文化財は守られたと述べた。マクロン大統領は寺院再建を誓った。

 寺院は一部が改修工事中だった。

 大規模な火災で炎上し、崩れ落ちるノートルダム寺院の尖塔=15日、パリ(@H_MISERのツイッターより、ロイター=共同)

 大規模な火災で炎上し、崩れ落ちるノートルダム寺院の尖塔=15日、パリ(@H_MISERのツイッターより、ロイター=共同)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索