トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

出会い系アプリで売春あっせん3万件 容疑の組織オーナー逮捕

 出会い系アプリを使い、組織的に女性に売春をさせたとして、名古屋・中署は八日、売春防止法違反(周旋)の疑いで、売春あっせん組織「暁」のオーナー木野康平容疑者(27)=名古屋市中区新栄1=を逮捕した。署によると、暁は名古屋・栄を拠点に、2016年8月〜今年2月に約3万件売春をあっせんし、約6億円売り上げたという。

 木野容疑者は部下の男たちに、出会い系アプリ内で女性を装って男性を売春に誘う「打ち子」や、男性との待ち合わせ場所に女性が向かうよう指示する「飛ばし」という役に就かせ、自身でスカウトした女性約10人に1回2万円で売春をさせていた。

 逮捕容疑では、木野容疑者は、共謀し、1月23日午後2時ごろ、名古屋市中区栄5の待ち合わせ場所に、当時23歳の女性を派遣し、男性に売春相手として引き合わせたなどとされる。署によると、木野容疑者は「証拠がないなら、何も話せない」と容疑を否認している。署は2月27日〜4月2日に、ほかに8人の部下を同容疑で逮捕しており、いずれも容疑を認めているという。

 (中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索