トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

乳児投げ落とし死亡、母に懲役3年6月 名地裁支部判決

 愛知県豊田市の自宅マンションで昨年1月、生後11カ月の次男を畳に投げ落とし死なせたとして、傷害致死罪に問われた母親で元派遣社員松下園理被告(30)=同市京町2=の裁判員裁判で、名古屋地裁岡崎支部は15日、懲役3年6月(求刑懲役6年)を言い渡した。

 野村充裁判長は判決理由で「生後わずか11カ月の無抵抗・無防備の乳児を、1メートルを超える高さから強い力でたたきつけ、生命・身体に対する危険性が高く、悪質」と指摘。次男らの泣き声に対するいら立ちをぶつけたという動機は「誠に身勝手で、しかも過剰な反応」とした。一方で「被告はうつ病に罹患する中で負担の大きい三つ子の育児を懸命に行っていた」とも述べた。

 弁護側は「産後うつ病の影響で心神耗弱の状態にあった」と主張していた。裁判長は、被告が犯行当時、うつ状態にあったが「善悪の判断能力や行動をコントロールする能力が著しく減退した精神状態にあったとは認められない」とし、完全責任能力を認め、弁護側の主張を退けた。弁護側は控訴する方針。

 判決によると、被告は昨年1月11日午後7時ごろ、豊田市の自宅マンションで、次男を両手であおむけに持ち上げ、畳の上に2回たたきつけて死なせた。

(中日新聞)

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索