トップ > 社会 > 速報ニュース一覧 > 記事

ここから本文

社会

アポ電強殺事件、長野県拠点か 軽乗用車、東京と往復

 東京都江東区のアポ電強盗殺人事件で、犯行に使われた車両とみられる軽乗用車が、2月28日の事件前に長野県から東京方面に向かい、事件後には神奈川県を経由して再び長野県に戻っていたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。

 警視庁深川署捜査本部は、いずれも長野県出身で住所不定、無職須江拓貴(22)=強盗殺人容疑で逮捕、酒井佑太(22)=同=の2容疑者が、土地勘のある長野県を拠点にし、事件後には一時潜伏した可能性があるとみて捜査している。

 神奈川県を経由したのは川崎市の土木作業員小松園竜飛容疑者(27)=同=を自宅方面に送ったためとみられる。

(共同)

 加藤邦子さんが死亡しているのが見つかった現場のマンション=2月、東京都江東区

 加藤邦子さんが死亡しているのが見つかった現場のマンション=2月、東京都江東区

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索