プレミアム会員とは

一般会員の方が、さらに月額300円(税別)のプレミアム会員に登録いただくと、過去記事検索の期間が1年間になり、東京新聞電子版も利用可能になります。

プレミアム会員のメリット

1)過去記事検索の期間が1年間に

中日新聞に掲載された記事を、利用回数に制限なく過去1年間にさかのぼりキーワードで検索する事ができます。(一般会員は過去1カ月分の検索。著作権の関係で収録していない記事もございます)

記事には写真や見出しのレイアウトがわかるPDFの記事イメージ付きとなりますので、新聞紙面上でどのように取り上げられたかがひと目でわかります。

信頼性の高い情報なら中日新聞の記事データベースで探すのが近道。 ビジネスや宿題にも役立ちます。

2)東京新聞電子版を利用可能

東京新聞電子版

中日新聞東京本社が発行する 「東京新聞電子版」をスマホ、タブレット、パソコンでご利用いただけます。 iPhoneやiPadならAppStoreから、Android端末ならGooglePlayから「東京新聞電子版」のアプリをダウンロードしてください。 パソコンはブラウザからご利用ください。いずれも、中日新聞プラスの登録メールアドレス、パスワードでログインしてご利用いただけます。

3)プレミアム会員限定のメールマガジンを読めます

プレミアム会員限定のメールマガジンを読めます

中日新聞編集局で多くのニュースに向き合う各部のデスクが交代で、一週間の気になるニュースをピックアップ。記事の読み方、取材の裏話などをご紹介します。プレミアム会員で中日プラスウィークリーをご購読の方にお送りします。

4)家族は追加料金なし 1世帯5人まで利用できます

新聞購読者の世帯で、どなたかお一人がプレミアム会員登録を行うと、同居する家族(会員)の方も追加料金なしで、自動的にプレミアム会員となります。

プレミアム会員費は初月無料

プレミアム会員登録1ヶ月目は登録初月無料期間

【初めてプレミアム会員に登録された方についての特例】 プレミアム会員に登録した月の会員費は無料で、翌月から課金が開始されます。 ただし、プレミアム会員登録解除は初めてのご登録の場合、登録月の翌月1日以降しかできません。 プレミアム会員に登録された場合は少なくとも1カ月分をご請求させていただくことをご了承ください。

プレミアムサービスの無料期間に対する制限

  • 一般会員向けの「プレミアム登録初月無料期間」は、同居する複数の家族(会員)全員が、同時点で、1回限り利用できます。 これとは別の期間に、新たな家族(会員)、契約者の会員が追加登録されたとしても、別途、「プレミアム登録初月無料期間」を利用することができません。

  • プレミアム会員の会員費の支払者を同居する会員間で変更された場合、その時点で、新たな「プレミアム登録初月無料期間」を利用することはできません。

プレミアム会員費の支払い方法

プレミアム会員費の支払いは、新聞契約者(販売店の購読者名簿に名前のある方)が支払う場合、新聞代購読料と一緒にまとめて請求させていただく「販売店集金」か、新聞代購読料とは別にクレジットカードで支払う「クレジットカード決済」のいずれかから選んでいただけます。 新聞契約者以外の家族がプレミアム会員費を支払う場合は、「クレジットカード決済」だけが選べます。

  • ※プレミアム会員費の料金は月額固定課金とし、月途中の入会、月途中の登録解除における日割り計算は行いません。
  • ※同居家族内で最初にプレミアム会員への登録を行った会員が、プレミアム会員費を支払います。
  • ※「一般会員→プレミアム会員」への登録変更(プレミアム会員への登録)は新聞契約者、家族会員問わず誰でも行えます。
  • ※「プレミアム会員→一般会員」への登録変更(プレミアム会員の登録解除)はプレミアム会員費を支払う会員しか行えません。