世界遺産登録5周年 3Dで楽しむ韮山反射炉

本コンテンツは、以下の著作物を改変して利用しています。
【出典:静岡県ポイントクラウドデータベース】、
CCライセンス 表示 4.0 国際

 韮山反射炉(静岡県伊豆の国市)が世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産」の一つとして登録されて5年。10月1日から2021年10月末まで、劣化したれんがの交換などの保存修理工事に入ります。周りには足場が組まれ、場所によっては見えにくくなります。中日新聞プラスでは、韮山反射炉の360度写真と、静岡県が公開する測量データ(点群)を活用して、3D空間を再現しました。現地の雰囲気を少しでも感じて楽しんでください。静岡県は、防災などでのIT活用目的に県内の各所で三次元(3D)測量のデータベース化を進めており、そのデータは公開されています。

※次ページ以降は、通信速度によって、読み込みに時間がかかることがあります。次ページのファイルサイズは約20MBで、Youtubeで、HD画質の動画を1分弱見た量と同程度です。Wifiや固定回線での閲覧がおすすめです。