トップ > 中日新聞の本 > 月刊ドラゴンズ

ここから本文

中日ドラゴンズファンブック2019
3月20日発売中!

注目のドラフト1位・根尾昂選手ら2019年シーズンを戦うドラゴンズ選手を迫力ある写真と詳細なプロフィルで全員紹介!観戦に役立つナゴヤドームガイドや2018シーズンの詳細な記録なども収載!与田剛監督インタビュー、他球団戦力分析などの読み物、読者プレゼントもあります。

  

定価1200円 A4判オールカラー

月刊ドラゴンズ2019年4月号

特別付録 スケジュールカレンダー

 

▼根尾昂 実戦デビュー

▼与田剛監督 OP戦2戦目で初勝利

▼過去の新監督 初勝利

▼竜戦士 アピール合戦

▼京田陽太 背番も打順も1番

▼愛子のインタビュー 加藤匠馬

▼岩瀬仁紀&荒木雅博 レジェンド最後の勇姿

▼新生与田竜のホーム開幕 始球式殿堂対決

▼保存版ドラゴンズ選手名鑑

▼渡辺勝 一本足で支配下1号

▼新連載 早川実の「気になるアイツ」

▼2019ベースボールメイツ紹介

 

6番DH根尾実戦デビュー

虎のエース・メッセに空振り三振

ようやくここまでたどり着いた。3月9日、春季教育リーグ阪神戦が開催される鳴尾浜球場にアナウンスが響く。「6番・指名打者、根尾」。竜党だけでなく球界のファンが待ち望んだドラフト1位ルーキー・根尾昂内野手のデビュー戦。快音は響かずとも持ち味は十分に発揮した。

 

京田に「1番」の期待

竜でも!侍でも!チーム引っ張れ

「1番」が竜を引っ張る。新しい背番号でプロ3年目を迎えた京田陽太内野手。背中に「1」を背負う男はオープン戦当初6試合を全て「1番・遊撃」でスタメン出場。リードオフマンの役割を期待される若竜が今季もダイヤモンドを駆け抜ける。

 

愛子のインタビュー

伊東ヘッドに評価されたバズーカ

群を抜いた強肩が武器の加藤匠馬捕手。新体制になり、正捕手争いに名乗りを上げています。「このチャンス逃さないようにしたい」と、今は開幕1軍、開幕マスクを目標に必死でくらいついています。課題の打撃も「ちょっとは前進」。昨年5月に結婚。「家族のためにも頑張りたい」と、5年目勝負をかけます!

 

その他の内容

昨年限りで現役を引退した竜のレジェンド岩瀬&荒木コーチが1試合限りの現役復帰。3月2、3日引退試合での最後の雄姿をお伝えします。

ナゴヤドームでグラウンドの華、そして試合進行のアシスタントとして活躍する2019ベースボールメイツの5人を紹介など

 

【定期購読】

月刊ドラゴンズの年間購読のお申し込みはこちらから[→詳細はこちら]
地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索