トップ > 中日懇話会

ここから本文

中日懇話会

 「中日懇話会」は政治、経済を中心に文化、社会全般にわたる国内情勢や海外の動向を会員に迅速、的確に提供し、懇談しながら情報交換、親睦を深める場です。

 毎月1回、内外の著名な講師を招いて名古屋市内のホテルで講演会、昼食会を開いています。また、毎月会報を発行し、講演内容などを紹介しています。

 1976年の創立で長い歴史を誇り、地域で高い評価を受けています。

入会案内
 
写真

 第534回中日懇話会(中日新聞社主宰)が18日、名古屋市中区のホテルで催され、NPO法人レスキューストックヤード代表理事の栗田暢之(くりたのぶゆき)さん(54)が「減災と被災者支援〜ボランティアの現場から考える」と題して講演した。(9月19日) 記事全文へ

 

次回のお知らせ

[講師]
慶応義塾大学大学院教授 田中 浩一郎 氏
[演題]
イラン情勢とペルシア湾をめぐる日本外交のあり方
[日時]
2019年10月10日(木)11:50〜14:00
[場所]
ホテルナゴヤキャッスル 2階「天守の間」

[田中 浩一郎(たなか・こういちろう)氏の略歴]

 1961年東京生まれ。85年東京外国語大学ペルシア語学科卒、88年同大学院修了、89年から在イラン日本大使館専門調査員。92年から中東経済研究所や中東調査会の客員研究員などを歴任し、99年から国連アフガニスタン特別ミッション政務官。2001年から国際開発センターエネルギー・環境室主任研究員、日本エネルギー経済研究所中東研究センター長を歴任し、2012年から日本エネルギー経済研究所常務理事。17年から慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科教授。日本エネルギー経済研究所理事(非常勤)も兼任。

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索