トップ > 日刊県民福井から > 福井ユナイテッドFC > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井ユナイテッドFC

県勢2チーム横顔紹介  サッカー北信越1部リーグ あす開幕

 サッカー北信越1部リーグが7日、県内外で開幕する。県勢は福井ユナイテッドFCと坂井フェニックスが挑む。リーグ制覇、そして日本フットボールリーグ(JFL)昇格を目指す両チームの横顔を紹介する。

悲願のJFL昇格を狙う福井ユナイテッドFC

写真

運動量豊富な若手加入

■福井ユナイテッドFC

写真

 運営母体が変わり、チーム名も一新された。多くのメディアの注目を浴びる中、主将の橋本は「この一年が勝負。転べば、また同じようにズルズルいってしまう」。唇を固く結び、昇格に向けての覚悟を表した。

 攻守において主力選手が退団し、昨季に比べて個の力が低くなったことは否めない。一方で、運動量が豊富な若い選手が加入。橋本は「伸びしろはある」と期待する。指揮官が不安視する守備に安定感が生まれれば、チーム力はぐっと増すはずだ。

 勝利への鍵となりそうなのが、決定機をいかにものにするか。スピードのある山田と桑田、足元の技術が高い金村のFW陣で確実に得点したい。

攻撃力を磨いてリーグ制覇を目指す坂井フェニックス

写真

チームの打開力を磨く

■坂井フェニックス

写真

 今季から新たにチームを率いる後藤監督は、攻撃面を重くみた。個の力に頼らず、チームとしての打開力を磨く。「一つ一つ良い準備をしていきたい」とリーグ制覇を見据える。

 攻撃の中心選手が移籍したが、主力のMF田川が健在。DFラインの裏への飛び出しが巧みで、攻撃の軸となりそうだ。MF佐野、DF中嶋らも得点に絡む。主将のDF末広がチームを引っ張り、流動的にシステムを変えていく。

 既に公式戦二試合を済ませ、指揮官は「ボールをどんどん動かして相手の深い位置へ運べるようになった」と手応えを得た様子だ。優勝には強豪に勝つことが欠かせないが、まずは目の前の試合に全力を尽くす。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索