トップ > 日刊県民福井から > 福井ユナイテッドFC > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

福井ユナイテッドFC

サウルコス歴史開いた エース2発、守備陣も安定

サッカー成年男子決勝福井−東京後半2分、山田雄太(右から2人目)が左足でシュートを決め1−0と先制する=坂井市のテクノポート福井スタジアムで

写真

サッカー成年男子V

 記録にも、記憶にも残る一戦だった。サッカー成年男子は、サウルコス福井が県勢初の優勝を成し遂げた。試合を決めたのは、今大会これまで無得点のFW山田雄太だった。

 背番号はエースナンバーの10。「このままだと無得点。覚悟を持って臨んだ」。0−0で迎えた後半2分、ゴール前でルーズボールの浮き球が来た。目の前には三人のDF。焦りはなかった。右足で切り返して守備を揺さぶり、左足でゴール右隅に流し込んだ。「練習の時から入っていた形」だった。

 追加点は同23分。中央で縦パスを受けて右足を振り抜くと、ボールは右ポストに当たってネットを揺らした。得点は安定した守備が生んだ。DFラインはもちろん、ロングボールを入れてくる相手に前線からプレッシャーをかけ、好機をつくらせなかった。

 四連戦の疲労はあった。やむことのない地元の声援が選手の走力を支えた。あと一歩で日本フットボールリーグ(JFL)入りを逃してきたチームだが格上に勝ち続け、一つのステップを越えた。望月一仁監督は目を細める。「サウルコスの名前を背にし、戦いながら選手は本当に成長した」 (山本洋児)

 (テクノポート福井スタジアムほか)

 【成年男子】▽決勝

福   井2 0−0 0東   京

(サウルコ  2−0  (選 抜)

ス福井) 

▽得点者【福】山田2

(福井は初優勝)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索