トップ > 日刊県民福井から > ふくい地域ニュース > 記事

ここから本文

ふくい地域ニュース

「雁が原」再生 経営者有志ら名乗り

管財人、スポンサー募集

 勝山観光施設が運営していた勝山市の雁が原スキー場の事業再生に、同市の経営者有志グループが名乗りを上げていることが分かった。破産管財人の八木宏弁護士はこのグループを含め、広くスポンサーを募って事業譲渡を進めたいとしている。

 事業譲渡について八木弁護士は、スキー場敷地の大部分を勝山市から賃借していることから、市の理解、協力が必要とする。その上で再生に向けた世論を形成して同グループの支援者増加や、別のスポンサー候補者が現れることに期待する。

 迅速に進めるために、スポンサー募集の締め切りを二十八日とする。複数のスポンサー候補者が出た場合のスケジュールは、三月上旬〜中旬にスポンサー候補者を絞り込み、四月下旬ごろの事業譲渡等契約締結を目指す。

 支援意向の経営者有志グループの男性は「企業、個人を含めて出資者を募っている」と話し、インターネットを使った資金調達「クラウドファンディング」も検討している。「子どもたちがスキーをする思い出の場所。モータースポーツ『ジムカーナ』の練習場でもある。なくしてはいけない」と思いを語る。 (長谷川寛之)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索