トップ > 日刊県民福井から > ふくい地域ニュース > 記事

ここから本文

ふくい地域ニュース

大野で116チームが力走 「Fukui Boost」2位

奥越ふれあい駅伝 チャレンジ1部 

一斉にスタートするスマイル2部1区の選手たち=大野市の奥越ふれあい公園で

写真

 第五十六回奥越ふれあい駅伝大会(大野市教育委員会、大野市スポーツ協会主催、日刊県民福井、中日新聞社、福井陸上競技協会後援)が十七日、大野市の奥越ふれあい公園で開かれた。最長のチャレンジ1部(高校生以上男女混合可)では、Fukui Boost Project(福井市)が県勢で最高の2位に入った。

 高校生以上のチャレンジが5区間(17・9キロ)、中学生以上のスマイルが同(10・4キロ)、小学生と新設のファミリーの部があるドリームが4区間(4・0キロ)の設定で、計九部門に県内外から百十六チームが出場した。

 各部門とも朝の冷え込みが厳しい中でのスタートとなったが、選手たちは紅葉が映える園内コースを力走し、同公園陸上競技場で待つ次のランナーにたすきをつないでいった。 (山内道朗)

 ◇上位入賞の皆さん

 【チャレンジ】▽1部(高校生以上男女混合可) (1)stylish(金沢市=南貴裕、梅林雄大、大坪赳志、芳永成生、窪田椋太)58分15秒(2)Fukui Boost Project(福井市)(3)坂井ランナーズB(坂井市)

 【スマイル】▽2部(中学生以上男女混合可) (1)勝山RCイレギュラーズ(勝山市=山内勇輝、長尾瑠夏、笠松泰仲、黒田悠翔、竹田永和)37分32秒(2)勝山消防A(同)(3)福井県庁RC韋駄天(越前町)▽3部(中学生のみ男女混合可) (1)はんぺん大好き駅伝部(大野市=橋本知哉、村口有羽、末永真咲斗、銅子文大、谷内玖優)36分51秒(2)SL(同)(3)トッセムーゲ(同)▽4部(中学生以上女子) (1)福井勝山総合病院B(勝山市=片村千夏、児玉詩織、上田有紀、岩倉晶子、尾上知美)51分30秒(2)みんスポガール(大野市)(3)O/NズG(若狭町)▽5部(中学生女子) (1)チョコビーム(大野市=山田明日美、笹嶋優妃、島田奈緒、赤沢知佳、大野愛莉)44分18秒(2)我らがPerfect Girl(同)(3)ドンキホーテ(同)

 【ドリーム】▽6部(小学生男子) (1)みんスポ陸上A(大野市=野尻陸斗、川端夏生、上田桜太郎、前田凪人)15分35秒(2)勝山RCboys(勝山市)(3)みんスポ陸上B(大野市)▽7部(小学生女子) (1)勝山RC girlsA(勝山市=黒田菜々美、黒原さつき、木下桃子、片桐花笑)15分52秒(2)有南燃えろファイヤーズ(大野市)(3)勝山RC girlsB(勝山市)▽8部(小学生男女混合) (1)JR OYAMA(大野市=久保美歌、玉木結翔、根賀由奈、印牧朋哉)16分21秒(2)ライオンキング&プリンセス(同)(3)SMAK(勝山市)▽9部(小学1〜3年生の親子2ペア可のファミリー) (1)そうごSCトライアスロンスペシャルチーム(勝山市=吉川正明、吉川悠真、杉吉康二、杉吉優人)17分26秒(2)チーム☆サタン(大野市)(3)バリハヤ(同)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索