トップ > 日刊県民福井から > ふくい地域ニュース > 記事

ここから本文

ふくい地域ニュース

「市民の安全安心拠点に」 越前市新庁舎の竣工式

竣工式が行われた多目的ホール「eホール」の壁面には越前和紙(右上部)が採用されている=越前市新庁舎で

写真

 越前市の新庁舎の竣工(しゅんこう)式が十七日、西棟一階の多目的ホール「eホール」であった。奈良俊幸市長は式辞で「市民の安全安心の拠点、交流、憩いの場として活力ある中心市街地の創出につながることを願う」と述べた。新庁舎は来年一月六日に供用開始される。

 奈良市長、県議、市議、各団体の関係者ら約百人が出席した。

 三田村輝士市議会議長は祝辞で、西棟三階に設けられた議場の傍聴席が、議員や理事者と同じ目線の高さになるよう配置されたことに触れ「臨場感のある傍聴席となった。新しい議場を舞台に、議員が一丸となって市政の発展にまい進したい」と述べた。

 新庁舎は二〇一七年七月に着工し、今年十月下旬に完成した。行政機能を集約した六階建ての東棟、市民が利用できる新たな機能も設けた五階建ての西棟がある。西棟の一階には壁面の一部に越前和紙を使用した「eホール」やカフェ、五階に展望ラウンジや屋上庭園を配置した。式後、出席者は庁舎内を見て回った。 (中場賢一)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索