トップ > 日刊県民福井から > ふくい地域ニュース > 記事

ここから本文

ふくい地域ニュース

秋武監督作品 グランプリ あわら湯けむり映画祭 

佐々木康男市長(左)に湯けむりグランプリのおけを手渡され、福井鋲螺賞とのダブル受賞を喜ぶ沙倉ゆうのさんと、秋武裕介さん=あわら市の金津創作の森で

写真

福井鋲螺賞も受賞

 全国公募の自主製作映画をあわら市の温泉街などで上映した「あわら湯けむり映画祭」の受賞作品が二十日、同市の金津創作の森で発表された。一般投票による最高賞「湯けむりグランプリ」は、秋武裕介さん(32)=東京都=が監督した「アナログ・タイムス」。「福井鋲螺(びょうら)賞」とのダブル受賞で会場を沸かせた。

 「アナログ・タイムス」は、初老の男性に八ミリフィルム撮影の手伝いを依頼された女性の視点で、男性の亡き妻への思いを描いたちょっと不思議な物語。ダブル受賞は初代グランプリに輝き、昨年大ヒットした「カメラを止めるな!」を手掛けた上田慎一郎監督以来の快挙。初挑戦という秋武さんは「最高ですね。SNSを通じ、たくさんの感想をいただいた」と笑い、主演女優の沙倉ゆうのさんがトロフィーに代わる特製おけを高く掲げた。市プロモーションビデオなどを撮影した田中光敏監督賞は、高山直美さん(47)=神奈川県=がメガホンを取った「結婚相談所の男」が射止めた。

 前身の湯けむり芸術祭から数えて五回目。今年は過去最多の五十七作品が集まり、市内四カ所で十三〜十九日に上映した。十一月十六日午後七時からメトロ劇場(福井市)で受賞作品の鑑賞会を開く。入場無料。 (北原愛)

 審査員賞の作品(かっこ内は監督) 鏡(東京都 石山和史)、夏の夜の花(中国・北京 高橋伸彰) 

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索