トップ > 日刊県民福井から > ふくい地域ニュース > 記事

ここから本文

ふくい地域ニュース

目標立て努力重ねて 自動車レース「ルマン」連覇

中嶋一貴さん(右)のヘルメットをかぶってみる子どもたち=坂井市加戸小学校で

写真

中嶋さん加戸小で授業

坂井

 夢をかなえるために、今できることは何ですか−。フランスの自動車耐久レース「ルマン二十四時間」で今年二連覇を果たしたトヨタ自動車のレーシングドライバー、中嶋一貴さん(34)=愛知県出身=が十九日、坂井市加戸小学校を訪れ、夢に向かって目標を立て、努力を重ねることの大切さを伝えた。五年生四十人が中嶋さんの言葉に耳を澄ませ、自分の夢への“道しるべ”とした。

 午前中の授業で、五年西組の子どもたちを前に「皆と同じ五年の時に初めてカートレースに出た」と話し始めた中嶋さん。元F1ドライバーの父・悟さんの影響から「夢はF1ドライバー」で、そのために運転技術の向上や筋力トレーニング、英語の勉強などの目標を立て励んだ。

 夢をつかんだのは二十三歳の時。しかし成績を出せず「二年でくび。ショックだった」。それでも「レースに出たい」と、自分の原点を確認し、トレーニングを続けて国内レースに復帰。二〇一二年からは世界三大自動車レースの一つ「ルマン二十四時間」に挑み続け、昨年初優勝した。

 二連覇した中嶋さんは「まだまだレースを続けたい。目標のレベルを上げ、連覇の記録を伸ばしたい」と新たな夢を披露。前田真之介君(10)は「失敗しても諦めずに夢をかなえ続けていてすごい。僕の夢はラーメン屋。負けずに実現させたい」と声を弾ませた。

 日本サッカー協会(JFA)が象印マホービンの協賛を得て実施している事業の一環。現役アスリートらとの触れ合いを通じ、子どもたちの心身の成長に貢献しようと、一三年度から実施。今年は応募した全国百五校の中から加戸小など十校が選ばれた。 (北原愛)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索