トップ > 日刊県民福井から > ふくい地域ニュース > 記事

ここから本文

ふくい地域ニュース

自転車鍵掛け徹底を 坂井署 ご当地ヒーローと啓発

通学者にチラシなどを手渡し、自転車の施錠を訴える(手前右から)はっぴーすマンと斉藤誠一郎署長=坂井市春江町中筋で

写真

 自転車の盗難被害をなくそうと、嶺北一円でボランティアに励むご当地アイドルヒーロー「はっぴーすマン」と坂井署がタッグを組んだ。管内の今年の被害件数は八月末現在で四十件と、昨年一年間の三十四件を上回っている。緊急事態を受け、十一日早朝には坂井市のJR春江駅周辺で啓発活動を展開した。

 市民の自己防衛意識を高めるため、署が犯罪と交通安全の抑止を二本柱に五月にスタートさせた「挨拶(あいさつ)・声掛け運動」の一環。四十件中三十三件が無施錠とあって、斉藤誠一郎署長は「鍵掛けの励行をしっかり呼び掛けて」とあいさつした。

 署によると、JR春江駅での盗難件数が十一件と最も多い。坂井地区防犯連絡所協議会や春江町交番連絡協議会のメンバー、同署少年警察協助員も加わり、二十一人が二カ所に分かれて通勤・通学者らに啓発チラシ二百枚を配った。

 はっぴーすマンはトレードマークの黄色いコスチュームで登場。「福井は『越前がに』が有名だけど、『越前・かぎ』もしっかりね」と得意のギャグを飛ばし、駐輪場からホームに向かう高校生や付近を自転車で通る中学生らに「Wロックで盗難防止!!」と書かれたチラシを手渡した。 (北原愛)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索