トップ > 日刊県民福井から > ふくい地域ニュース > 記事

ここから本文

ふくい地域ニュース

「脳力展」入場10万人 恐竜博物館で式典

10万人突破を祝ってくす玉を割る子どもたち=勝山市の県立恐竜博物館で

写真

 勝山市の県立恐竜博物館で開催中の特別展「恐竜の脳力〜恐竜の生態を脳科学で解き明かす〜」(日刊県民福井・中日新聞社など後援)の入場者数が十万人を突破し十三日、同館で記念セレモニーが行われた。

 式典では、竹内利寿館長が「十万人達成を皆さんでお祝いしたい。楽しんで帰っていただければ」とあいさつ。十万人突破にちなんで、この日来館した十歳と八月生まれの子どもたち二十七人が竹内館長や県公式キャラクターの「ラプト」「サウタン」「ティッチー」とともにくす玉を割って祝った。

 くす玉を割った子どもたちには、特別展のクリアファイルなどが贈られたほか、この日限定で、特別展に入場した小学生以下の子どもたちを対象に自分の名前を書き込むオリジナル缶バッチ作りもあった。

 今年の特別展は「脳科学」がテーマで子どもたちにはやや分かりづらいものの、十万人突破は昨年より二日遅い三十三日目での達成。この日も大勢の恐竜ファンが訪れ、開館前から長蛇の列をつくっていた。 (畠中大介)

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索