トップ > 日刊県民福井から > 福井発 > 記事

ここから本文

福井発

石川県議 カラ出張か 元助役顧問の会社関与

44回、280万円受給

石川与三吉県議=県議会のホームページより

写真
写真

 石川与三吉(よそきち)県議(89)=自民=が二〇一三〜一六年度に四十四回、現地に足を運ばないカラ出張を繰り返し、政務活動費計約二百八十万円を不正に受給した疑いがあることが七日、分かった。石川氏は共同通信の取材に「現地に行っていない」とする一方、「誰かが誤って(出張に関する)書類を作成、提出したのかもしれない。不正という指摘があるなら返還したい」と述べた。

 出張先はいずれも、関西電力役員らに金品を贈っていた高浜町の元助役、森山栄治氏(故人)が顧問を務めた敦賀市の建設会社「塩浜工業」の工事現場だった。同社が出張の偽装工作に協力したとの証言もある。政活費の不正受給は詐欺事件に発展したケースもあり、石川氏も捜査を受ける可能性がある。

 県は条例に基づき、過去六年分の政務活動費の支払いに関する書類を公表。石川氏が議会に提出した視察報告書によると、塩浜工業が受注した県外のショッピングセンターや相撲部屋の新築工事などの現場に四十四回行ったことになっており、現場の写真や担当者の名刺が添付されていた。

 関係者は、石川氏から求めがあれば、塩浜工業側がその都度、写真や名刺を用意して提供していたと証言。石川氏の事務所の男性(81)は「(石川氏から)工事に関する資料や名刺を受け取り、それらに基づき報告書を書いた」と説明した。

 塩浜工業は、森山氏に顧問料を支払ったり、佐賀県玄海町の脇山伸太郎町長(63)に現金百万円を渡したりしていたことが判明している。石川氏の出張に関し、取材を申し込んだが、回答は得られなかった。

 福井県議会事務局によると、一六年度までは領収書なしで交通費全額と一万五千百円までの宿泊費、日当三千円が支給されていた。石川氏が塩浜工業の工事現場を訪れたとする視察報告書は一六年十二月が最後で、領収書提出が義務付けられた一七年度以降は確認できなかった。県議会事務局は「マニュアルにのっとりチェックしているが、議員本人に確認したい」とした。

 石川氏は敦賀市を選挙区とし、現在七期目。〇七〜〇八年には議長も務めた。全国都道府県議会議長会によると、現職の都道府県議では最高齢。

 政務活動費 地方議員の調査研究、研修、広報などの経費として、議員報酬とは別に会派や議員に支給される。2000年に「政務調査費」として導入され、12年の地方自治法改正で名称が変わった。支出基準や交付方法は各自治体が条例などで規定。交付の額や方法は議会によって異なる。福井県議の場合は、毎月の上限が30万円で、事前に満額が支給され、使わなかった分を返還する仕組み。各地の議会で不正が相次ぎ、領収書のネット公開や第三者機関によるチェックなどの再発防止策が導入されるようになった。

 

この記事を印刷する

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索